できる人間になるには、どんな努力が必要?

自分の目指すキャリアップを図るには、仕事力と同様に人間力も大事です。上司や部下からの人望が厚い人とはどんな特徴があるのか。できる・できた人間になるには、どんな努力が必要かをガイドがご紹介します。

信頼を勝ち取る「技」と「心」

当たり前のことを当たり前にできていますか?
リーダーシップ-人が何でリードしていくかを突き詰めて考えてみると、「技」と「心」があります。

「技」は、卓越した技術・技能を持って、人を惹きつけるということです。職人の世界をイメージして下さい。師匠と弟子との関係です。徒弟関係なので小規模な組織であれば成立しますが、組織が大きくなればなるほど、技よりも心の比重が高まります。

「心」は、優れた人間性を持ち、魅力的な人柄で人を惹きつけるということです。結果的に人身掌握術に長けているので、大きな組織を統率することができます。今回はこのような人望が厚い方の共通点を整理して、皆さんの今後の行動の参考にして欲しいと思います。

上司の期待通りの成果を出すには「質問力」

部下は、上司の仕事のアウトソーシング先です。上司の期待通りに仕事を進めるためには、「質問力」が要です。これは、上司の頭の中と部下の頭の中を同じイメージにするということ。上司が求めるアウトプットイメージとギャップがないように、対話を通じてイメージの統一をするのです。

ここが仕事を進めていく上で一番重要なポイントです。ここさえきちんと確認できれば、大きな失敗はありません。相手がどんな上司であれ、このプロセスを軽視してはいけないのです。自分へのリスクヘッジとためにも、十分なコミュニケーションを取ることです。

依頼主である上司も定期的に作業確認をしている限り、安心して作業を委ねられるのです。そういう意味で、仕事をする上でのイロハのイである、報告・連絡・相談(ホウレンソウ)は極めて重要であることがわかるでしょう。

イメージ通りの仕事をしている限り、上司は部下を信頼し、次の仕事を任すことになります。さらに、イメージを遙かに越えた付加価値の高い仕事をすれば、上司はその部下に対して絶対的な信頼を持つことでしょう。そういう関係になれば、戦力外通告されるということはありません。

逆に、イメージから反れたものや期待外れのものであれば、次の仕事を任されることはないくらいのプロ意識を持つことが必要です。別の新人にレギュラーポジションを奪われるくらいの心構えが欲しいものです。

次のページでは、人望を得るための7つの習慣について考えていきます。