つい最後まで残ってしまう読書感想文をどう書くか?

読書感想文は本を読まずに書けるのか?

読書感想文は本を読まずに書けるのか?

「少なくなった」と言われる夏休みの宿題ですが、、どこの学校でも必ず出ているもの、そして「すぐできそうだから」と、どうしても最終日まで残ってしまうもの…… それが「読書感想文」です。そこで、わずか5分で終わらせる”究極”の読書感想文攻略法を、徹底伝授します!

本を読まずに読書感想文は書けるの!?

本のあらすじを書くのではなく、自分の気持ちを書く。それが「読書感想文」のコツ!
読書感想文って、実は読まなくても書けちゃうって知っていました?読まずに書く感想文のコツ、それは本選びにあります。
例えば「ファーブル昆虫記」などは、どう考えても本の内容は昆虫のこと。だから、昆虫のことに関して、あなたがいつも感じていることを書けばいいのです!


作文例
●本を読まなかったことを正直に告白●
例文
「私は昆虫が大嫌いです。その昆虫嫌いを少しでも治そうと思って、あえてこの夏休みに「ファーブル昆虫記」に挑戦してみました。
でもファーブルの、まるで目の前にその虫がいるかのような描写力にすぐれた文、そして各ページに散りばめられた精密な昆虫の絵。読み進めていくうちに、どうにも私の背中に虫がはっているような気分に何度も襲われて、とうとう最後まで読むことができませんでした。」

●自分の体験談に置き換える●
例文
「僕は周囲をビルや高速道路に囲まれたマンション暮らしをしていることもあって、普段、あまり昆虫のことを意識したことがありませんでした。
でも「ファーブル昆虫記」を読み終えて、昆虫のことを意識しながら町を歩いてみると、電信柱からもセミの声が聞こえ、街路樹のわずかな土の中からはアリやミミズが顔をだし、ときには大きなスズメバチが突然目の前に飛んできて、ドキリとさせられることさえあります。
ファーブルのような観察眼を持つことを心がけていれば、都会でも昆虫と友だちになれるのだなと、改めて気付きました」

>>次ページでは、知っている偉人のことを書く場合について解説します。