最新作、LED電球の数はなんと252個

省エネはもはや住宅に限らず、世界共通の価値観として認識されている。たとえばLED電球もいずれは主流になることが十分予想されるが、「色の違い、電球の相場などよく知った上で導入するタイミングの慎重さも心がけたい」(井出さん)とのこと。

「FLOS(フロス)」では、このほどそのLEDランプをじつに252個も用いた「LONG&HARD(ロング&ハード)」を発表した。アルミに描かれた曲線がラグジュアリーな空間によく似合う。
写真をクリックすると記事トップに戻ります
デザイナーはフィリップススタルク
「LONG&HARD(ロング&ハード)」 Y210,000


画像提供(1P目を除く)/日本フロス

【関連記事】
照明ひとつで快適な空間にする簡単なテクニック

【フェイスブック】
高級マンション


Copyright(C)2006 MH3 Inc. All rights reserved.

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。