アボカドディップの作り方!簡単おつまみ料理レシピ

所要時間:10分

カテゴリー:その他ディップ

 

アボカドディップの作り方!簡単おつまみ料理レシピ

アボカドのディップは、「グアカモーレ」と呼ばれるメキシコ料理のひとつです。ワインと一緒に出されたり、パーティに活躍したりと、お酒の場には欠かせないおつまみメニューのひとつです。ポイントは、よく熟れたアボカドをひとつ用意しておくこと。切って、混ぜるだけのお手軽メニューです。
 

アボカドのディップの材料(2人分

アボカドのディップ
アボカド 1個 (完熟したもの )
レモン汁 大さじ1
トマト 1/4個 (プチトマト2~3個でも)
たまねぎ 1/4個
ひとつまみ
タバスコ お好みで
付け合せにカリカリに焼いたトースト、トルティーヤチップス、クラッカー、野菜スティックなどを用意してみてください。

アボカドのディップの作り方・手順

アボカドのディップを作る

1:トマトとたまねぎを切る

トマトとたまねぎを切る
トマトとたまねぎをみじん切りにします。

2:アボカドを縦の2等分にする

アボカドを縦の2等分にする
アボカドに縦に切り込みを入れ、ひねって半分に割ります。種は、包丁の刃を刺してひねると、スポンと取り除くことができます。ステップごとの切り方はこちら >> 「アボカドの下ごしらえ・切り方」

3:アボカドの実を取り出す

アボカドの実を取り出す
スプーンでアボカドをすくいとり、ボウルに入れ、変色防止のためレモン汁を加えます。もう一片も同様に実をすくいとります。

塊が残ってもよいので、フォークなどでアボカドが滑らかになるまでつぶします。

4:味付けをします

味付けをします
「3」のアボカドに「1」のトマトとたまねぎのみじん切り、塩ひとつまみを加え、よく混ぜ合わせます。味を見ながらタバスコはお好みで加えて、できあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

アボカドは真ん中に大きな種があるので、切るのが難しいですが、方法を覚えてしまえば簡単です。アボカドの縦半分の部分に包丁でグルリと切り込みを入れ、グリッとひねって2等分にする技を覚えましょう。種は、包丁の刃を入れて、ひねるようにして引っ張ると簡単に取り除くことができます。ただし、完熟していないアボカドだと、この技は使えないので気をつけてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。