「子どもは眠くなったら勝手に眠るもの」-そう思い、「早寝早起き」を意識しない家庭が増えているといいます。しかし、「早寝早起き」は園生活がうまくスタートできるかどうかの重要ポイント。シリーズ1回目は、「子どもの睡眠不足の理由」「睡眠リズムの乱れが子どもの心身に及ぼす影響」についてお話します。

クローズアップ現代「子どもの睡眠が危ない」に大反響

ベッドは自分だけの場所。「わたしはどこのベッドで眠るの?」欧米の児童文学ではそんな台詞がよく見られます。
2005年1月5日に放送されたTV番組・NHK「クローズアップ現代」には、視聴者から再放送の希望や問い合わせが特に多く寄せられました。そのテーマとは、「子どもの睡眠が危ない」というものです。
視聴者の反響があまりに大きかったため、番組では2005年2月3日に「子どもの睡眠が危ない~いま大人にできること~」として「第二弾・実用編」を放送したほどでした。
現代日本の子どもの睡眠は、それほどに「危ない」状態にあるのでしょうか?

「添い寝」が睡眠不足の原因では?

「子どもが夜、なかなか眠らなくて困っている」、そんな育児の悩みは多く聞かれます。今、日本で乳幼児を育てている家庭では「子どもを寝かしつけるときは添い寝し、子どもが寝付いてからそっと布団から出る」または「子どもと一緒にそのまま眠ってしまう」という方法が一般的です。
一方、欧米では子どもが赤ちゃんのうちから「親子別室」で眠るのが一般的であると言われます。小さな子どもが「おやすみなさい」と言って自分の部屋へ行き、ひとりで眠る。そんな夢のような話が本当に存在するのか?と思った日本人ママ・パパも多いのではないでしょうか。

そして、ガイドはこの「子どもが親と一緒でなければ眠らない」という習慣が、子どもの睡眠不足を招いているのではないかと考えます。
もちろん、中には「子どもと一緒に早く寝て、朝は早起き」という健康ご家族もいるでしょう。しかし、多くの大人は子どもを持つまでは午後9時に眠る生活などしていなかったはず。「午後9時に寝て朝の4時に起きる」等の方法で乗り切っている家庭もあるようですが、全ての人が実践可能ではないでしょう。
また、子どもに添い寝して寝かしつけつつ「眠ってから洗い物をしよう」などと思っていると、どうしてもイライラします。大人の寝る時刻に関わらず、子どもはとにかく早く寝かせるという生活の重要性が今、見直されてきてるのではないでしょうか。

「添い寝はダメ」から「おすすめ」への変化

しかし、よく考えてみると現在30代・40代の私たち親世代は子どもの頃、親とは別に早く寝かされていませんでしたか?
実は日本でもほんの30~40年前には、「添い寝」は専門家の推奨するところではありませんでした。それがここ20年ほどの間に日本の育児にある「変化」が起こったために一般的になったのだ、というのがある専門家の指摘するところなのです。

社会学の研究者・品田知美氏によると、「日本の育児の常識」は、1980年代に大転換を遂げたのだそうです。
品田氏の著書・『<子育て法>革命』によると1960年代の母子健康手帳副読本では「添い寝や、おんぶ、だっこで眠るのでは、では眠りが浅くなります。くせになると途中ではなかなかなおしにくいので、家族中で協力して、はじめからひとりで寝るくせをつけましょう」といった記述がみられるといいます。一転して「添い寝はお勧め」という記述がされるようになったのは1985年のこと。そして、この路線が現在も継承されているのです。
この変化について品田氏は「親主導から子ども中心の子育てへの、革命と言えるほどの大きい変化」 と言います。

ガイドは考える・生活リズムは親がつくるのだ!

以上のような理由から、現代の日本では乳幼児期の子どもと親は一緒に眠る」というスタイルが主流になっています。こうした「子どもに合わせる」式の育児には、「より子どもとの触れ合いを楽しむ」というメリットはあると思います。
しかし「子どもの生活リズムに合わせていると、就寝も起床もどんどん後へ後へとズレ込んでいく」という経験をされた方も多いのではないでしょうか?「添い寝」を全て否定するわけではありませんが、「添い寝」のために子どもの就寝時刻が遅くなっているようなら、見直す必要はありそうです。
特に「これから幼稚園生活を始める」という家庭では、いい機会です。子どもが昼間、気持ちよく活動できるような状態にもっていくために、生活リズムについて再確認してみませんか?

次のページでは、「睡眠リズムが乱れるとどんな影響があるの?」について



■参考サイト■
「NHKオンライン」>「クローズアップ現代」放送記録

■参考文献■
品田知美 『<子育て法>革命』 中公新書 2004年
神山潤 『眠りを奪われた子どもたち』 岩波ブックレット 2004年

■関連リンク■
2005年・入園前はここをチェック(2) → こうして子どもを早く寝かせる!【幼稚園・保育園】
「行きたくない!」の原因が「眠いから」ということも
 → 登園しぶり、どうする?【幼稚園・保育園】
夜泣き、疳の虫の効くという → 疳の虫にも効果!スキンタッチ法【妊娠・出産準備】
おねしょの悩みは → 「おねしょ」の科学【子育て事情】