待ちに待った新入園&進級。親にとっては成長を感じる嬉しい季節ですが、子どもの心にはちょっぴり負担もあるよう……。親子でどうやって乗り越えればいいのでしょうか?

新入園、嬉しいのは親だけ!?

新入園や進級を「嬉しい」と思っているのは親だけかも
大人にも緊張しがちな人とそうでない人がいるように、子どもにも緊張する子とそうでない子とがいます。男女の違いや普段の性格や行動とはあまり関係ないかもしれません。普段は元気いっぱいの子でも、環境が変わったり、何かプレッシャーがかかったりすることで、信じられないくらい気持ちが不安定になってしまうこともあります。

赤ちゃんのときに比べれば充分大きくなったとはいえ、園児はまだまだ子ども。新入園&進級のこの時期には、彼らにとっては緊張の連続なのです。まずは、大人はそのことに気づいてあげましょう。もしかすると、新入園や進級を「嬉しい」と思っているのは親だけかもしれません。

特に、注意してあげたいのが進級する子ども。新入園の子どもが緊張するのはある意味当たり前のことなので、親も注意を払っていますし、親自身が同じように緊張して不安定になっていることすらあるかも。しかし、進級する子どものことは意外と忘れられがちです。年中、年長の子どもでも、この時期はしっかり行動を見てあげたいところです。

クラス替え、担任交代で大ショック!

進級した子どもにとって不安定になるいちばんの原因は、担任の先生やお友だちなど、周囲の環境ががらりと変わってしまうこと。クラス替えで新しい先生になったり、仲良しのお友だちと離れてしまったりすると、園に行きたがらなくなったり、些細なことで泣くようになったりします。マンモス幼稚園で年度末には先生が多く入れ替わる園や、同級生の人数が多い園では、いきなり知らない先生と知らないお友だちに囲まれる……といったことも少なくありません。

子どもが不安定になっているなと気づいても、子ども自身に問いかけてみたところでなぜ不安定になっているのかについて理論立てて話せる子はいないでしょう。まずは、子どもの周囲にどれくらいの変化があったのか考え、その上で子どもが今、どんなことを考えているのか、親が考えてあげる必要があると思いますよ。

グズグズ言っている子には、怒っても無駄。とにかく優しい言葉をかけて、不安を取り除いてあげることです。