幼稚園・保育園の年長さんにとっては、まもなく園生活ともお別れ。もうすぐピカピカの1年生ですね! 初めてお子さんを入学させる親にとって、小学校は未知の世界。園と小学校とでは、どんな違いがあるのでしょう? 親はどのようなところに注意しておけばいいでしょうか?

1人で登校、大丈夫?

ランドセル
小学生になっていちばん変わるのは、通学。春休みに予行演習を
幼稚園・保育園と小学校のいちばん大きな違いは、やはり小学生は「自分の足で歩いて登校するようになる」ということでしょう。40代半ば以上の親世代が子どもの頃には、子どもだけで登園OKの幼稚園もあったはずですが(なんと、ガイドは自分1人で幼稚園まで歩いて登園していました)、今は、地方でも親が連れて行く、あるいはバス登園のところがほとんどのよう。つまり、小学生になって初めて、子どもは自分の足で歩いて学校まで行くことになるということです。

徒歩に限らず、電車やバスに乗って登校する子もいるでしょう。道路はもちろん、駅やバス停など、どこにどんな危険があるかわかりません。春休みになったらぜひ、子どもと一緒に「登校の練習」をしてみましょう。そこで、親も登校路の把握をしておいたほうがいいと思いますよ。

家庭でも学童でも「宿題をする」習慣付づけを

多くの学校では入学当初の1学期には、あまり大したお勉強はしません。1学期には国語ではひらがな、かたかなを学び、算数では簡単な一桁の計算をする程度。宿題も、これらの練習がほとんど。量も内容も大変なものではありません。

でも、この1学期にやるべきこととして大切なのは、毎日「宿題をする」という習慣づけをすることです。たとえば、母親が専業主婦で家にいる場合には、子どもが家に帰ってきたらどこかに遊びに行く前に必ず宿題をする習慣を付けてみましょう。親が働いていて、子どもが放課後、学童保育に行く場合も、学童に行ったら、まず宿題をする約束を交わしましょう。

園で仲良しだったお友だちが一緒に学童に行くなら、そういった仲間同士で「最初に宿題をする」という約束をしてみては? これは習慣付けの問題なので、最初に「宿題をしないと、遊べない」ということをインプットしてしまうことが重要です。