入学時点でのこどもの読み書きの現状

小学校入学までにひらがなの読み書きをできるようにしておかなければならないのだろうかと、悩んでいるお母さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

読み書きができる子どもが多い中、できない子どもの母親が焦る気持ちは分かりますが・・・
ひらがなの練習をする幼稚園もあれば、しない幼稚園もありますね。また、お手紙のやり取りなど文字を書くのが好きな子どももいればそうでない子どももいます。

入学の時点で、ひながなの読み書きだけでなく、カタカナの読み書きや漢字まで書ける子どもがいる一方で、ひらがなの読み書きができない子どももいますので、かなり差はあるのが現状です。

自分の持ち物を区別するために、自分の名前の読み書きはできるようにしておいたほうが良いですが、全てのひらがなの読み書きをできるようにしておく必要はありません。

入学前に、読み書きができる子どもが多い中、できない子どもの母親が、焦る気持ちは分かりますが、そんな心配はいらないのです。

誤って覚えてしまうと直すのに時間がかかる

学校では鉛筆の持ち方、書き順を1字ずつ丁寧に教えてくださいます
学校に入ると、先生が、鉛筆の持ち方や書き順も一字ずつ丁寧に教えてくださいます。むしろ、白紙の状態の子どもは、初めてひらがなを書くのが嬉しくて、とても新鮮で、どんどん吸収していくでしょう。

逆に、学校で習うことを先取しすぎると、授業がつまらなく感じてしまい、先生の話を聞く習慣がつかなくなる場合もあります。また、鉛筆の持ち方や書き順を誤って覚えてしまうと、直すのに時間もかかりますので、嫌がる子どもに無理強いして、教える必要はありません。

入学してから、しっかり復習

入学前に、あわてて、ひらがなの読み書きを教えることよりも、むしろ、家庭では、入学後に習ったひらがな、カタカナ、漢字の復習をしっかりやっていくことが大切です。ためてしまうと、たいへんな量になってしまいますので、習ったらその都度の丁寧な復習が大切です。正しい鉛筆の持ち方や書き順ができるよう、フォローしてあげましょう。

子どもが興味を思ったら、驚くほどのスピードで

何事を吸収するにも、子どもには、それぞれ、適した時期があります。子どもが文字に興味を持ち始めたら、それが最も適した時期です。その時期が来れば、あっという間に吸収してしまいます。時期が来ていない、嫌がる子どもに、無理に覚えさせようとしても、かえって、ひらがなを覚えることが嫌になってしまいます。

>>文字に興味を持っている子どもに対しては・・・>>