「専業主婦なら幼稚園、仕事をしてれば保育園」というのが基本的な分類ですが、「仕事のある日とない日がある」「これから仕事を探したい」という母はどちらを選ぶのでしょうか?悩んで決断した実例をご紹介します。

幼稚園と保育園、どちらを選ぶ?

子どもがのびのび過ごせるところ、がいちばんです
「幼稚園は、母親が専業主婦である子どもが通うところ」「保育園は、フルタイムで働く母親の子どもが通うところ」、これが一般的なイメージです。しかし、最近ではそのどちらにもぴたりと当てはまらないケースが増えてきています。

例えば、フリーランスやパートなどで働く場合。働く日と働かない日がある場合は、保育園入園が難しくなってきます。自治体によっては「週に3日勤務」であっても入園資格がある場合もありますが、フルタイムで働く人に比べれば優先度は低くなります。また、フリーランスで働いている人の中には、いろんな理由からあえて幼稚園を選び、「仕事は夜中と、子どものいない午前中のみ、あとは幼稚園の預かり保育やベビーシッターを利用」で乗り切っているというケースもあります。

それ以外にも、「今は専業主婦だけど、これから仕事を始めたい、だけど、幼稚園の募集はこの時期(毎年10月末である場合が多い)にしかない、でも、保育園に入れるかどうかは、年明けの2月か3月にならないと分からない」という場合も悩むところです。
※ 実はガイド自身も、仕事開始と上の子の幼稚園入園選考のタイミングが重なってしまい、「とりあえず幼稚園を確保してから、保育園の入園申し込みをした」という経験の持ち主。入園金や制服一式など、全てムダになりました。

今年も幼稚園入園選考の時期を終え、そんな「悩んだ末の決断」という経験をした母親たちに話を聞いてみました。

保育室から幼稚園へ:コーチング講師・山崎洋実さんの場合

山崎洋実さんは1児の母。現在はコーチングの講師として、主に子育て中の母親を対象とした活動を行っています。

そんな山崎さんのお子さんはもうすぐ4歳。現在は3歳未満児向けの保育室に通っていますが、来年の4月からは幼稚園の年中クラスに入園することになりました。これまで保育室に通わせていたなら、次は認可保育園…と考えるのがワーキングマザーの通常のケースですが、山崎さんはなぜあえて幼稚園を選んだのでしょうか。

まず、山崎さんの住む地域は保育園入園の激戦地として有名なところという事情があります。山崎さん曰く「通園と通勤を考えたときに、特に立地の問題でおめがねにかなう保育園が見つからなかったんです」。それに対して、入園を決めた幼稚園は「自宅のななめ前」という好立地。朝の8時からの預かり保育があるので、午前中の仕事には差し支えありません。

もちろん条件面だけではなく、その幼稚園の保育内容が気に入ったことも、山崎さんの決断の大きな要因です。「外遊び中心で評判のいい園です。幼児期のうちは、できるだけ体を使って遊んでほしい、というのが私の希望でしたから、この園がぴったりだと思いました。」

しかし山崎さんは年々セミナーなどの仕事依頼が増えており、かなり忙しそうです。時間的には、子どもを保育園に通わせたほうが余裕ができるように思えますが、それでも幼稚園を選んだことには別の理由もありました。

「私の仕事は、専業主婦の方々を相手に行うことが多いんです。実は、保育室に子どもを通わせるようになって、専業主婦としての視点が薄れてきているのを感じたこともありました。これから“幼稚園ママ”を経験することで、また新たに見えてくるものがあるはず。そうしたことを、専業主婦の方々によりリアルに伝えていきたいと思います。

子どものこと、そして自分自身のことも考えた上で、「保育室から幼稚園へ」という選択をした山崎さん。「春からの、毎日のお弁当作りがちょっと気になるんですけど」とのことですが、それも2年間のこと。この数ヶ月間しっかり考えて決断しただけに、今はすっきりと来春からの生活を楽しみにしているようでした。
>>次のページでは、入園で悩んだ体験談です>>



■関連リンク

保育園4月入園のスケジュール【幼稚園・保育園】
保育園ママ生活って、どんな感じ?【幼稚園・保育園】
幼稚園は給食?お弁当?【幼稚園・保育園】
ママのためのコーチング【幼稚園・保育園】