極上の御飯物


・穴子御飯
穴子御飯。
穴子御飯。
〆は「明石の穴子」御飯。木の芽を振りかけていただきます。土釜の蓋を開けると、湯気と共に沸き上がってくる穴子の焼き風味! 穴子の身質も口に入れた途端に溶けるような柔らかさで、ふんわふんわ! 状態。タレの味付けも絶妙な甘辛具合で、いくらでも食べていたくなる旨さです。

穴子御飯。
たっぷりと盛られたホクホク穴子。
また、御飯自体の質も高く、もっちもちで甘味を抱き込んだ味わいは、祇園でも屈指のレベルの高さ。この御飯物だけでも食べに来る価値ありです。

・水物
水物。
〆の水物もフルーツ盛り沢山。
「かぶせ茶」の後に水物が登場です。この日の水物は「伊予柑のシャーベット」、「苺」、「刻みキウイ」、「生八つ橋」の盛り合わせ。盛り付けも美しいですが、双耳の器も面白いですね。

和の新星店

卓越した変化球が生み出す極上の味わいは、多彩な修行歴を持つ西川料理長ならでは。また、今回の大改築後の素晴らしい店舗で調理に当たられるのは料理長の西川正芳さんを始め、5~6人にも及ぶ若く夢溢れる料理人達。益々勢いを感じさせる布陣で京都の祇園ならではの季節感溢れ、かつユニークでサプライズある一皿一皿をこれからも期待します。


<DATA>
・店名: 祇園にしかわ
・所在地:京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る 下河原町473
・アクセス:京阪電鉄「祇園四条駅」徒歩約10分
・地図:Yahoo!地図
・TEL:075-525-1776
・営業時間:12:00~15:00(退店)、17:30~21:00(LO)
・定休日:日曜日、月曜日のお昼、日曜が祝日の場合は翌日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。