ライオン(レオーネ)という名のトラットリア

外観。
とっておきの隠れ家的なオーラが漂う外観。
京都の街中ではイタリアンの新店が次々と開店しています。その中には京野菜、町家、多皿など、料理の味以外をセールスポイントとして、前面に打ち出している店も多いのですが、久々に確かな味の直球勝負イタリアンを見つけました。その名もイタリア語で「ライオン」という名前のトラットリア「レオーネ」。

内装。
店内にはテーブル席の他、カウンターも。
こじんまりとした店内はほのかな照明が心地よく、隣が気にならないテーブル配置でゆったりと食事を愉しむことが出来ます。他にも気軽にバール使いできるようにカウンターもあり、一人でも気軽に立ち寄れる使い勝手の良さは会社帰りに一人使いする方にはうってつけ。

さらに、夜遅くまで開けておられるのも、早く閉まる店が多い京都ではありがたい限り。二軒目、三軒目使いにも使えます。周りは烏丸のビジネス街なのですが、中に入るとここだけは本場イタリアの食堂といってもいい感じに上手くまとめられています。

また、シェフひとりですべてを切り盛りされているお蔭か、メニューの安さはもちろん、たっぷりと注がれたグラスワイン一杯が400円という安さは特筆もの! 例えば、この日は赤のバイザグラスが400円と550円(ネロ・ダヴォラ/ボッカンティーノ)の2種と白が1種。こうしたワインがお手頃価格なのも普段使いには嬉しいポイントですね。

多様な手打ちパスタ

・高知産 真鰯のオリーブオイルマリネ(600円)
前菜。
ワインに合う前菜も数多く揃えられています。

値段が高騰中の真鰯が、これだけたっぷりボリュームで600円! 極めて良心的な価格設定です。しかも真鰯だけではなく、トマトも盛り沢山。食べ応えのある前菜です。塩加減も絶妙に施されており、味付けも抜群。もしメニューにあれば是非。

・手打ちタリオリーニ いろいろなキノコのソース(1,200円)
手打ちパスタ。
キノコの滋味たっぷりの一品。

自家製タリオリーニに、溢れんばかりのキノコソースを合わせた一皿。様々なキノコの香りが混じったホクホクの湯気ごと一緒に食べると、キノコの滋味が舌と鼻腔に染み込むように、その存在感を主張します。タリオリーニのコシの良さも印象的。
次ページでは、その他の手打ちパスタ、肉料理を御紹介します