《CONTENTS》
●京野菜イタリアンの魅力(1P目)
●超必見! シェフの繊細で可憐な料理達(2P目)
●乙女のハートを鷲掴み!? 甘美ドルチェの数々(3P目)

注) この記事は2007年の記事です。現在、山口シェフは独立されており、このお店にはいらっしゃいません。


時代は「地元料理」へ

外観。
外観は町家風となっており、祇園の雰囲気にとけ込んでいます。
京野菜イタリアンの名店がまた一つオープン! その名は「Ristorante t.v.b(リストランテ ティ・ヴォリオ・ベーネ)」。地元の京野菜を中心にしたイタリアンがいただける一軒です。


落ち着いた空間

内装。
内装はモダンなインテリアで彩られています。
場所は祇園の南側。祇園町の四条通より南側といえば、歴史的景観保全修景地区に指定されていて、江戸末期から明治初期にかけてのほんまもんの町家やお茶屋建ち並び、永らく京都の遊びの文化の中心地として君臨している、京都の中でもとびきりの地域です。

通りに面したエントランスは両隣と同じく歴史的景観を保った「町家」ですが、一歩中に入ると「ここは東京かNYの洗練を極めたモダンなインテリアのレストラン」と言われてもその気になってしまいそうなほど空気が一変してしまいます。

奥は3つのコンパートメントに分かれていて、私達は厨房の見える明るいテーブルに案内されました。効果的な照明で、とても落ち着ける空間創りに成功されています。


「好き」という気持ちを込めて

看板。
Ti voglio beneを略して「t.v.b」。
店名「ティ・ボリオ・ベーネ(Ti voglio bene)」の意味ですが、これは日本語に訳すのが少し難しい言葉で、親しい人に対して「好意」を伝えるようなニュアンスを込めた言葉、といえばいいでしょうか。「アモーレ(Amore)」ほど重くなく、もっと気軽に言える表現なのです。

もし、食事中に彼女から「店名のティ・ボリオ・ベーネってどういう意味かなぁ?」と聞かれたら、ぜひ気の利いた言葉で答えてあげてください。

次ページでは、いよいよ繊細で可憐な料理達の御紹介です。