京都の山奥にある、これぞオーベルジュ

ウェディングにも最適な、開放的な施設です
ウェディングにも最適な、開放的な施設です
京都の喧騒を離れ、比叡山を上ると「ロテル・ド・比叡」はあります。こちらはオーベルジュ、つまり宿泊施設を備えたレストラン。フランスのオーベルジュでは、主に都市から数km~数十km離れた郊外にあり、土地の食材をワインと共にいただき、そのまま帰りの心配をすることなく宿泊できます。僕のように、それほど飲まなくても、帰りの心配をせずにゆっくりと食事ができるので、料理をただ食べるだけではなく、半日かけての「夢の時間」を過ごせるのです。そのため、今回は食事だけではなく、ホテル全体の雰囲気なども合わせてご紹介します。

こちらでは、宿泊と夕食・翌朝食がセットになったレディースプランの特典として、ネイルアートセットの貸出し&アートシールか、「ロクシタン」のフットクリームがプレゼントされます。
ネイルアートをしながらくつろぐも良し…マッサージしてリラックスするも良し。

フランスの各地方をめぐる、5種類の部屋

お部屋のタイプは5種類。それぞれフランスの地方などの名前がついています。せっかくなので、すべてのお部屋をご紹介します。

サヴォワ
・サヴォワ
サヴォワはフランスの東部にあり、イタリアと隣接している地方。牧畜と農業の地域で、アルプスの木々が特徴的。テーブルやチェアは木の質感をそのまま生かし、ベッドカバーも茶色と緑で、木のぬくもりと森の雰囲気を表現したウッディなお部屋。

ノルマンディ
・ノルマンディー
ノルマンディーはフランス北西部、「ノルマンディー上陸作戦」でも有名なように、海に面した地方。ドーバー海峡にもまれた魚介も豊富なので、ピンクだとやはりサーモンを思い出すのは僕だけでしょうか。アンティークな家具は女性に人気だそう。

ブルターニュ
・ブルターニュ
ノルマンディーよりさらに西、フランス北西端に位置するブルターニュ。海に突き出た半島であり、グルメな読者さんたちにとってはやはりゲランド産の「塩」でしょう。その青と白をイメージした部屋はこれからの夏に人気の高まる爽やかなお部屋。

プロヴァンス
・プロヴァンス
南仏を代表する地域、プロヴァンス。オーベルジュといえばプロヴァンスを思い出す方も多いでしょう。キルト生地のベッドなど、入った瞬間「あー(ナルホド)」と声が出て、確かにかつて泊まった南仏のオーベルジュを思い出す雰囲気。個人的にはオススメの部屋です。

パリ
・パリ
僕たちが今回泊まったのがこちらのお部屋。都会的な洗練された雰囲気の中にもぬくもりを感じさせる部屋は、どんな方でも気に入るでしょう。ちょっとリッチな気分を味わうならこのお部屋でしょう。

部屋でのんびり、庭を散歩…何もかも忘れてくつろげます。
部屋でのんびり、庭を散歩…何もかも忘れてくつろげます。
オーベルジュの楽しみ方としては、早めに到着するのがおすすめです。ホテルのチェックインは14時~ですので、遅くとも15時には到着し、しばらくは庭の散歩やお風呂に入ったりして、のんびり3時間ほどくつろぎましょう。そして17時半(冬場なら17時)になったら、ダイニングへ。明るい内に眺望の良い席から景色を眺めつつ、だんだんと料理の進行とともに陽が沈むのを楽しみましょう。

次ページではいよいよ、ホテル内のレストラン「ロワゾ・ブルー」のディナーをご紹介。