実在の20代国際カップルに密着取材させていただいているリアルレポート。今回は番外編をお送りします。

今までのお話は
 第1話 「運命? 偶然? 初めての逆ナンパの出会い」
 第2話 「交際発覚! きっかけは姪っ子のおしゃべり」
 第3話 「家族に会うことが決意の決め手に!」
 第4話 「オメデタ! そして桜の下でプロポーズ!」
 第5話 「結婚手続き、スムーズに進めるコツ」
 第6話 「流産の宣告に2人で泣き続けた日」
 第7話 「婚姻届、無事提出! でも姓が違う表記に?」
 第8話 「日本の様式にこだわった結婚式。準備着々」
 第9話 「マリッジブルー? 結婚したらイライラが…」
 第10話 「外国人から見た日本の結婚式。ここが不思議」
 第11話 「結婚式までのカウントダウン・ブログ [1] 」
 第12話 「挙式前日までのカウントダウン・ブログ[2] 」
 第13話 「理想通りにできた感動のバイリンガル結婚式」
 第14話 「挙式ウラ話-「花嫁の手紙」は白紙だった!?」
 第15話 「夫のルーツをたどる旅 [1] …日系一世の悲話」
 第16話 「ルーツをたどる旅 [2] …届かなかった手紙」
 第17話 「ルーツをたどる旅 [3] …家族の絆が深まって」
をご覧ください。

スコットさんの好物は梅干し♪

アメリカで生まれ育ったスコットさんですが、実は梅干しが大好き! このことは、シリーズの最初の記事「運命? 偶然? 初めての逆ナンパの出会い」の、プロフィールの中でもご紹介しましたね。

梅干しは日本を代表する漬け物の1つですが、苦手という外国の方はけっこう多いのです。すっぱ過ぎるとか、ニオイがだめとか、見た目がイヤというのがその主な理由だそう。ひょんなことからスコットさんが梅干しが好きだということを知った私、その時は「ああ、彼はあの味とニオイ、大丈夫なんだ~」くらいにしか思いませんでした。

自分で漬けてみた!?

その後、スコットさんと話す機会があり、梅干しについて聞くと、ただ食べるのが好きなだけではなく、なんとご自分で漬けているとのこと!! これにはビックリしましたね~~~。

ここで女性のみなさんに質問です。
「ご自分で梅干しを漬けたことがある方、いらっしゃいますか~?」

何人くらいが「はい」と答えてくださったでしょうか……? かなり少なかったのではないかと推察します。かくいう私も、カリカリ梅(青梅)なら漬けたことがありますが、梅干しはありません。すごく手間がかかるんですよね。

「漬けるの、大変だったでしょ?」とスコットさんに聞くと、「そう、すごく大変だった。ベランダに干しておいて、雨が降ってきたら『あーっ、中に入れなきゃ!』って、あわてて家に帰ったりして……」

これがどの辺の手順なのか分からなかった方は、All Aboutの梅干しのつくり方関連の記事を読んでみてくださいね♪

「塩分を控えた、手づくり梅干し」 【ホームメイドクッキング】
「梅干しづくり【漬け込み編】」「梅干しづくり【土用干し編】」 【節訳・やりくり】

日本人でさえあまりやらなくなってしまった、手間がかかる梅干しづくりを、スコットさんは何故ご自分でやってみようと思ったのでしょうか?


漬け方を何で調べたのか、聞いてみると……