【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

実在の20代国際カップルに密着取材させていただいているリアルレポート第5弾です。
今までのお話は
 第1話 「運命? 偶然? 初めての逆ナンパの出会い」
 第2話 「交際発覚! きっかけは姪っ子のおしゃべり」
 第3話 「家族に会うことが決意の決め手に!」
 第4話 「オメデタ! そして桜の下でプロポーズ!」
をご覧ください。

通院と結婚準備

プロポーズの当日からさまざまな準備が始まりました
早朝に桜の下で素敵なプロポーズを受けた直美さん。その日は2人とも仕事を半休して、まずは病院へ……。そう、まだ妊娠検査薬の判定だけの段階ですから、産婦人科できちんと検査しないといけません。

直美さんのお姉さんが出産した病院に行き、診察の結果、妊娠5週目であることが告げられました! これで本当に赤ちゃんが来てくれたことが確認されたわけですね。体調管理や通院など、忙しくなりそうです。

その足で、今度はデパートへ。ティファニーへ行ってダイヤの指輪選びです。デザインを選んで、サイズを確認して……。でも、購入はしませんでした。アメリカのお店に同じものをオーダーするのですって! そのほうが40%もお安いそうですよ。

さらに、式場を探し始めます。この時期のスコットさんの行動力は驚くばかり。日本では、結婚式に関しては、どうも女性のほうが積極的で男性はついて行くようなイメージが強いのですが、スコットさんはどんどん主体的に動いている感じでした。結婚する、父親になるという責任感がふつふつと湧きあがっているような感じで、以前よりも頼もしく見えました。

その週末、お2人はホテルや結婚式場など、3日間で7~8カ所を見てまわったそうです。いろいろな条件を考え合わせた結果、隣の市のホテルで挙式から披露宴まで行うことに決定。時期は、もともとスコットさんのご両親が旅行に来る予定だった9月にしました。


国際結婚、手続きの第1歩はコレ!