十五夜の日付は毎年違います

仕事帰りに月を眺めるひととき…癒されますね。
■十五夜クイズ・1…… 秋のお月見のことを十五夜といいますが、これはいつ?

A:「8月15日」 ⇒× 
B:「9月15日」 ⇒× 
C:「毎年違う」 ⇒○ 


十五夜とは本来は満月のことですから、年に12回または13回めぐってきます。中でも旧暦の8月は1年の中で最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、平安時代から観月の宴が開催され、江戸時代から収穫祭として広く親しまれるようになり、十五夜といえば旧暦の8月15日をさすようになりました。

旧暦を新暦に置き換え、9月15日が十五夜だと思っている方も多いでしょう。しかし、月の満ち欠けを基準にしていた旧暦と、太陽の動きを基準にしている現在の暦にズレが生じるため、毎年9月中旬~10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってきます。これだけ幅があると何かと大変なため、十五夜関連の行事を毎年9月15日に固定化している場合もありますが、正確には違います。

【十五夜の日付】
年   ………  十五夜(旧暦8/15)
2017年  ………   10月4日  
2018年  ………   9月24日  
2019年  ………   9月13日   
2020年  ………   10月1日   

元のページに戻る
次の答えをみる