今回は誰でも手軽に結べるよう、前で結んでから後ろに回す方法でご紹介します。正面の鏡を見ながら結べるので、後ろで結ぶより格段に楽にできて形もきれいに整います。体が固かったり、後ろでは十分に力が入らない方でも大丈夫!(ガイドはいつもこの方法です)。回すときに滑りがいいよう、絹の伊達締め(帯の下に締める幅の広い紐)を使うといいでしょう。

浴衣帯の結び方:姉さま結び

 
姉さま結び
岩熊さんの経験では、見知らぬ方から「それどうなってるの?教えて!」と声がかかる筆頭がこの姉さま結びだとか。帯結びの基本であるお太鼓結びの変形なので、きちんとした印象があって着崩れしにくいのもいいところ。浴衣姿がグレードアップする結び方です。

◆準備するもの:半幅帯、帯締め、ひも(30cm程度。なんでもOK)

~ では、正面の鏡を見ながら結びはじめましょう ~

 
手順1:まず、手先(画面上の短いほう。下の長いほうはタレ)の長さを腕一本分ほど取って半分に折り、輪(半分に折った折り目のほう)を外側にして肩にのせておく。

次に胴に二巻きしたら、正面で手先をかぶせるようにしてひと結びする(右肩にあるのが手先。下がタレ)。

 
手順2:手先を広げ、左手側を輪にして折り返す。

中心にタックを取り、ひもで結んで羽根(リボン状)にする。

 
手順3:タレ先を上から下へ伊達締めと帯の間に通す。

垂れ下がっている正面の柄がお太鼓になりますから、リバーシブル帯などで出したい柄が出ていない時は、根元をねじって柄が正面にくるようにしておく。

 
手順4:タレを上に持ち上げ、タレ先(画面上部)を残したまま上から下へ、伊達締めと帯の間に通します。タレ先にはお太鼓を作るのに必要な分だけ残し、あとは下に引っ張る。

◇チェック!:羽根の上に一重巻かれた状態になりましたか?/タレ先が上にありますか?/下の部分は輪になっていますか?

 
手順5:下部を下から丸めて、伊達締めと帯の間に差し入れる。

 
手順6:差し入れる位置を羽根の下あたりにすると、枕の代わりになって羽根が安定する。

 
手順7:タレ先を下ろし、帯締めを通してお太鼓の大きさを決める。

 
手順8:余分なたれをお太鼓の中に折り込む。このとき、柄が合うようにすると良い。

 
手順9:帯締めを後ろ側で仮結びしておく。これで姉さま結びの形が完成しましたので、きれいに整えておく。

 
手順10:帯を時計回りに180度回して位置を決めたら(逆に回すと浴衣の打合せが乱れるので厳禁)、仮結びしていた帯締めをきれいに結び直して出来上がり。

◇チェック!:後ろ側の帯締めの位置は下部のままでOK。正面に合わせて水平にする(中心に移動させる)と姉さま結びが不安定になってしまう。

では次に、車に乗車しても崩れないヤの字結びについて見てみましょう >>>