昭和元年創業、岩手県岩泉の「中松屋」を訪ねてきました。日本3大鍾乳洞の一つとして名高い龍泉洞の湧き水から作られる、夏限定の栗あん入り「水まんじゅう」や栗あん入り羊羹「饗(あえ)の山」などはこれからの季節に向く瑞々しいお菓子です。お取り寄せができるので、父の日に和みのひと時を贈られてはいかがでしょう。

(目次)
P1 龍泉洞の水と栗あん入り「水まんじゅう」
P2 栗を味わうお菓子
P3 牛乳、くるみのお菓子とお取り寄せ情報

龍泉洞の水と空気の味

龍泉洞の水
「一口飲めば3年長生き」とも
ドラゴンブルーの龍泉洞の水
岩泉の町で使われる水は、龍泉洞から湧き出る名水です。全てを手作業で行う中松屋のお菓子作りに使われるのも、この名水。栗やオニくるみ、酪農の街ならではの牛乳など、自然の恵みを生かしたお菓子が並びます。

初夏からの栗あん入り「水まんじゅう」

水まんじゅう
栗あん入り「水まんじゅう」
5月~9月中旬
龍泉洞の水をイメージした「水まんじゅう」は上質なみちのくの栗の風味を生かした栗あんを、本葛(くず)と寒天を主成分としたものを合わせた生地で包んでいます。龍泉洞の水と栗の自然な甘みを楽しむ、5月~9月中旬までの瑞々しいお菓子です。

盛り付け
龍泉洞の水
砕いた氷と水を入れた器に水まんじゅうを浮かべ、水ごとスプーンですくって頂きましょう。とことん堪能する方のために、龍泉洞の水とのセットも用意されています。

次ページでは、栗を味わうお菓子をご紹介します>>