だいぶ時間が空いてしまいましたが、青茶を知るシリーズ第4回目は、個別のお茶の作り方です。

前回は、青茶全般の基本的に作り方を概観しました。でも、考えてみると、青茶って、ものすごく沢山の種類があるのですよね。福建省だけでも北部には武夷岩茶(ぶいがんちゃ)が数百種類、そのほかにミンポク水仙、南部には安渓の鉄観音黄金桂(おうごんけい)、ミンナン水仙などなど。広東省には有名な鳳凰単[木叢](ほうおうたんそう)や石古坪烏龍(せっこひょううーろん)。台湾に目を向けると、文山包種茶から凍頂烏龍茶、高山茶、東方美人に至るまで、様々な青茶が存在します。これらは微妙に違う製造工程を経て作られているのです。

今回は、数多くある青茶を4つの累計に分けて、大雑把に作り方を見てみることにしましょう。


文山包種茶

高山茶、鉄観音等

香檳烏龍茶

武夷岩茶


■ 画像をクリックすると、各ページに飛べます。■




■ 青茶を知るシリーズバックナンバー
 その1 青茶は何故「青」茶なのか?
 その2 半発酵とは?
 その3 青茶の製造法