2009年上半期、取材先などで出合い、とくに印象に残ったパンをまとめてご紹介しています。

フール・ドゥ・アッシュの“ふんわり、たっぷり”

読者の皆さんからのコメント(ベストパン人気投票時)によれば、フール・ドゥ・アッシュのパンはどれもかなり印象に残るようです。とくに副素材がぎっしり詰まったパン。わたしはそれよりも、空気感のある「ふんわり、たっぷり」に感動しました。パテナイフを使って、ふんわり、たっぷり挟んだりのせたりされる自家製素材。たとえばキャラメリゼされたマカダミアナッツ入りのコーヒークリームがたっぷりサンドされたヴィエノワとか、ふんわりしたカボチャのマッシュのタルティーヌとか。それらは何気ないようでいてどこにもない味。深く印象に残りました。

「カボチャのタルティーヌ」は、ほの甘いカボチャに溶けたゴルゴンゾーラチーズと薄切りの生ハムの塩味がほど良いバランスでした。

カボチャのタルティーヌ

【関連記事】
フール・ドゥ・アッシュ(2009)

アルティザン・テラのタルティーヌ

有機JAS認証にいち早く着手したということで話題のアルティザン・テラですが、認証を受けている、いないに関わらず、おいしいパンはおいしい。自然素材への真摯な取り組みは取材でよくわかりました。

「国産トマトのタルティーヌ」はその艶やかな美しさそのままの味。サクサクのパンはバタール生地をチャバタ風に仕上げたもの。軽く焦げ目のついたトマトの濃厚な味わいと好相性でした。

国産トマトのタルティーヌ

【関連記事】
アルティザン・テラ(2009)

「パンとエスプレッソと」の「&」を感じるパン

パンとエスプレッソとミネストローネ。それともオリーブとワイン。この店のパンはいつも何かいいものと「&」で結ばれているようです。

とくに印象的だったパンは、3種類のチーズがたっぷり練りこまれた「ケソ」。どことなくポンデケージョを思い出す軽やかなモチモチ感。コーヒーにはもちろん、ワインにもぴったりです。

ランチのミネストローネに添えられた、ハーブとオリーブオイル香るプチパンも、テラスの心地よさとともに、忘れられない味となりました。

ケソ

【関連記事】
パンとエスプレッソと(2009)

メゾンカイザーの冬の愉しみ

メゾンカイザーでかつて冬の時期に登場した柚子のパンが好きでした。今年はリンゴ。「シードル」というリンゴ入りのパンを何度か買い、バターをちょっとのせたり、カマンベールチーズと辛口白ワイン、という取り合わせで愉しみました。店舗数も増え、こういうパンが全国で買えるようになっていくのは素晴らしいことです。

リーンな白生地のパンがおいしいお店は、フルーツやチーズなどが練りこまれたパンにも期待が持てるのです。
シードル

【関連記事】
メゾンカイザー(2006)


いかがでしたか。2009年の1月~6月の間でとくに印象に残り、また食べてみたいと思ったパンをご紹介しました。日々のおいしかったパン、印象に残ったパンの情報はメールマガジンや、Bread Journalにてお伝えしています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。