2009年上半期、ガイドが取材先などで出合い、とくに印象に残ったおいしいパンをご紹介します。

ル・プチメックのバゲットリュスティック

この春以降、一番通った店はル・プチメックかもしれません。 必ず買うのはバゲットリュスティックです。

一般的に、リュスティックというのは、成形しない(なるべく触らないように仕上げる)フランスパンのこと。水分量が多く、モチッとした食感が特徴です。それを棒状に焼いたのがバゲットリュスティック。クープ(切れ目)も入っていない素朴な表情はまさに、リュスティック。

クラスト(皮)が薄くて柔らかいのが好きな人はこのパン、バリっとハードなのが好きな人は普通のバゲットをおすすめします。

バゲット(左)、バゲットリュスティック(右)
バゲットリュスティック断面

【関連記事】
ル・プチメック(2009)

バゲット・リュスティック(Bread Journal)

チクテ/ベーカリーのハチミツカンパーニュ

今年で7周年を迎えたチクテ/ベーカリー。ハチミツカンパーニュが誕生したのは、オープンしてしばらくたった頃でした。 ハード系のパン中心だったこの店で、黒糖の「くろカンパーニュ」と並んでちょっと柔らかめの食事パンとして登場したのです。以来、メニューのラインナップはほとんど変わらず。たまにブルーベリー入りのカンパーニュのように、イレギュラーに登場するパンも楽しみですが、変わらないって素敵です。

はちみつカンパーニュ
ブルーベリー入りのカンパーニュ

【関連記事・サイト】
CICOUTE/BAKERY(公式サイト)

チクテ/ベーカリー(2002)

麦兵衛のチョコバナナ

パンより先に、厨房でセミドライバナナの味見をさせてもらったのです。濃縮されたバナナの香りも甘味もナチュラル。食パン生地を丸めたパンと抜群の相性でした。今年はブームなのか、いろいろなところでドライバナナを使ったパンに出合いました。でも、菓子パンならこんな風にシンプルなものが、記憶に残ります。

チョコバナナ

【関連記事】
パン屋 麦兵衛(2009)