フレンチのお値段のからくり

フランス料理店で、2人で食事していくらかかるの?といったことをちょっとひも解いてみましょう。2人で10万円の高級店から立ち飲みのカジュアルフレンチまで、ざっくりとした「感覚値」を掴むにはコツがわかれば意外と簡単かもしれません。
フレンチ

高級店だとコースは15000円~と思ったほうがいい

意図する女性を誘ってフレンチにでも!という時にちょっとは気になるのが「一体全部でいくらかかるのか!?」ということ。ここではテーブルクロスがかかっているちょっとお洒落なフレンチレストランを想定しましょう。

コース料理でいうと、その店の設定は8,000円、10,000円、12,000円、シェフのおススメが15,000円の4コース。最近は税込表記が多いようです。お店としてはシェフのおススメが「おススメ」で、このオーダーが通ると注文を受けた店長はシェフを多いに喜ばせることになります。

さて、「おススメ」を除いて3コースの中で何を選ぶかは、むろん懐具合やお腹の空き具合、そして相手が誰か?によっても変わります。こうした松竹梅が並んだ場合、松か梅を選ぶのが無難です。真ん中が一番中途半端なんですね。手軽にいくか、と思えば8,000円、たっぷりいくか!と思えば12,000円になります。今回は松の12,000円を選んだことにしましょう。
フレンチ

メニューを決めるときはゆっくり時間をかけていきたいものだ

メニューを決める前に、「食事の前に食前酒(アペリティフ)などいかがですか?」ときます。これは一種の礼儀みたいなもので、まずはシャンパーニュをいただきたいところ。グラスで1,800円前後になります。注がれる泡を見ながらこれから始まる美食に期待を膨らませるスイッチになるでしょう。

お酒が飲めない場合は発泡水「バドワ」「サンペリグリーノ」、その他ミネラルウォーターなどをオーダーします。食後ならともかく、この場で「普通の水を……」はお洒落ではありませんので避けたいところ。

さて、ワイン選びです。ここからはソムリエの出番ですね。ここではワインは詳しくないが結構好きという2人を想定します。ワインはそれこそピンからキリまでありますが、料理と同じくらいの値段を言ってソムリエに選んでもらうのが無難かもしれません。最近はワインのラベルで値段がわかるアプリもあるので、レストランも「値付」に関しては常識的な「仕入の3倍以内」にしているところが多くなっています。
シャンパーニュ

アペリティフのシャンパーニュの煌めく泡は食事への期待感を膨らませてくれます。

ワインリストにはメニュー以上にその店の「格」と「想い」が表現されているものです。例えば一番安いワインを何にするか。そのワインでハズすことはできないのでソムリエ(仕入担当)は神経を使います。シャンパーニュの品ぞろえにも個性が出ます。ハレの日のワインとしてシャンパーニュは、大手メゾンから家族経営の小規模生産者、入手困難な人気高額シャンパーニュまで、銘柄もファンもとても増えているからです。

ワインリストのからくり

ワインリストをよく見ると、ちゃんと逃げ場が用意されているはずです。7,000円、8,000円とあって一番集中するのが10,000円前後でしょうか。コース料理の真ん中辺と同じくらいの設定が目につくはずです。もちろん、ブルゴーニュだとプルミエクリュ以上やボルドーの格付シャトーになると3万円、5万円も珍しくはありません。

ワインは特にこだわらなければグラス(おおよそ1,000円~)でいただいてもよし。ここではボトルで1万円の赤ワインを選んだとしましょう。だいたいここで値段は出てきますね。
フレンチ

お会計は男性がスマートに済ませたい

料理代で24,000円、ワイン代で10,000円、グラスシャンパーニュ2杯で3,600円、そこにサービス料10%が加わり合計41,360円。これにチーズを追加すると、合計5万円でお釣りがくる位でしょうか。

ちなみにサービス料とは?とよく聞かれますがこれは、テーブルクロスなどのリネン類のクリーニング代とかクレジットカードコミッション代(3.2%~4.5%位)だと思っておきましょう。ちなみにワインをこぼしたり、グラスを割ったりしても余程でない限り請求されることはないでしょう。それはちゃんとサービス料でカバーされているからなのです。

今回はコース料理12,000円(税込)で考えてみましたが、そこそこお洒落な人気店に出掛けた場合は2人で余裕をもって5万円と思っておけばよろしいかと思います。料理やワインをいただきながら大切な人と楽しむ貴重な時間。そう考えると時間はお金に代えられませんね。フランス料理とともに流れる時間はほんとうに気持ちのいいものです。
フレンチ

食後のゆったりとした満足感もメニューの一つかも。

参考までに、ミシュランガイド東京で10年連続で三ツ星を獲得している「ジョエル・ロブション」でメニューデギュスタシオンを選んだ場合、2人で15万円はみておいたほうがいいでしょう。

先日、銀座の「サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ」で4人でアラカルト多数、ワイン4本空けて一人15,000円ほど。料理代が8,000円程でしたから、ワインをたくさん飲めばそれなりになるということですね。大切なのは金額ではなく満足感。15万円でも5万円でも、期待以上の満足感と相手が喜んでくれればこれに越したことはありません。

<あわせて読みたい関連記事>
プロが教える、今さら聞けないフレンチのマナー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。