寄せ集めで箱根駅伝出場の夢へ

宴会好きのメンバー。駅伝チームにしてはビールの飲み過ぎ?
宴会好きのメンバー。駅伝チームにしてはビールの飲み過ぎ?
なんとか予選会出場を果たす
なんとか予選会出場を果たす
人はなぜ走るのか? 走って何かいいことがあるのか? 苦しい思いをしてまでどうして走るの?などという疑問を持つ暇もなく、否応なしに箱根駅伝を目指すプロジェクトに引きずり込まれた寛政大学竹青寮の学生達。

彼らを巻き込んだのは、竹青寮の寮生が10人になるのを待っていたハイジ。竹青寮が実は寛政大学駅伝部の寮だということに、ハイジに箱根駅伝を目指すことを告げられるまで誰も知らなかったのだ。

ハイジは高校生時にはその才能を見込まれていた天才ランナーだった。故障のために陸上から離れたかに見えたが、従来の体育会的な陸上競技への関わり方に疑問を持っていたハイジは、故障が癒えるとともに、走ることの素晴らしさ、楽しさを自分のやり方で証明して見せたいと入学以来虎視眈々と雌伏してこの日を待っていた——。

10月31日(土)に全国ロードショー公開される、箱根駅伝をテーマにした映画『風が強く吹いている』の試写を見ました。

潜在能力に長けていても、陸上競技には縁がなかったものがほとんどという寄せ集めメンバーが紆余曲折を経ながらも、次第に走ることの魅力と力を合わせて大きな目標を目指す快感に酔ってくる若者の情熱が描かれています。

箱根駅伝でのスタッフや選手の苦労を想起させる

三浦しをんさんの原作『風が強く吹いている』
三浦しをんさんの原作『風が強く吹いている
原作は、評判を読んだ直木賞作家三浦しをんさんの同名の小説。マンガ化もされましたし、舞台にもなりました。映画のストーリーはほぼ原作通り。ランニングファンの立場からみてうれしいのは、ストーリーの設定を除けばかなりリアルに箱根駅伝が映像化されているという点です。

TVで箱根駅伝を見ていて印象的なシーンというのがあります(TV局が誇張し過ぎるきらいはありますが)。そんなシーンが映画でも数多くのシーンになっているのですが、そのシーンを撮影するときのスッタッフ、キャストの方々の苦労が偲ばれると同時に、その映像が現実の箱根駅伝でのスタッフや選手の苦労を想起させるのです。

また、実際のレースのすごさが映画に表現されていると、それはそれで撮影がたいへんだったろうなと引き込まれます。