スタンダードフライを巻く-2-

次にハックルを取り付けるが、ハックルのファイバーの長さの基本はシャンクとフックまでの長さと同じになるようにする。セットになっている製品を買った場合や、コックネックをまるごと購入した場合は、こうして調整するとよい。
フライに取り付けるハックルはファイバーが揃っている部分から使う。皮に近い側はファイバーも柔らかく、長さも均一ではないのでカットしておこう。この処理をしたら、ハックルの端を手でしごきファイバーを直角にする。下方のファイバーを両側とも少しカットしておく。全部を切るのではなく、画像のように少し余らせると、ここが滑り止めになってしっかりと取り付けることができる。
ハックルの裏側が上になるようボディーの前に取り付ける。少しきつめに3、4回スレッドで巻きとめておこう。ここまでの作業が済んだら、スレッドはアイの後方まで巻き進めておく。
ハックルの先端を、ハックルプライヤーでつまむ。こうしておくと、均一の力で巻けるし、ハックルが短くなっても作業を進めやすい。
ハックルはなるべく密にシャンクに巻いていく。アイの手前2mmぐらいまでを使い、同じ力で巻き進めよう。ハックルの余りをスレッドで巻きとめたらハックルプライヤーを外す。
ハーフヒッチを何回か行っておく。仮止めなので2、3回でオーケーだ。
仮止めをしたらハックルのあまりをギリギリでカットし、最後にウィップフィニッシャーでしっかりとめる。ハックルが邪魔なときは手で後方にしごくようにして作業エリアを広くしよう。これで壊れるようならこのフライは失敗作だ(笑)。しっかりフィッシュできたらスレッドをカットしておこう。
フィニッシュしたスレッドをヘッドセメントで固めれば作業は完了。ヘッドセメントはあまりたくさんつけないようにする。ほんの一滴でも十分すぎるほどだ。
はい。これでスタンダードフライが完成。本当はポストと呼ばれる部分をつけるのだけれど、最初はこれでもオッケーだ。納得がいくまで何個でも巻くようにしよう。


今回はここでおしまい。次回も引き続きドライフライを巻いてみましょう!

画像の代替テキスト
JR大宮駅近くにある「プロショップ吉見屋」では、タイイングスクールを開催中! 少人数で行うカリキュラムなので、講師のレクチャーがばっちり受けられる。予約制なのではやめに相談しよう
【タイイングスクール情報】
プロショップ吉見屋

〒330-0845
埼玉県さいたま市大宮区仲町1-104 AKビル1F(Yahoo!地図情報ではココ。大宮駅そばです)
電話048-644-1133
FAX048-647-1600



<関連記事>
フライフィッシングとは、どんな釣り?
フライフィッシング専門用語徹底解説!
釣りに必要な「結び」のテクニック
ショップへ行って、買い物をしよう!
フライキャスティングを覚えよう!
釣りに行くための事前情報を入手する
知ってて当然!釣りのルールとマナー
釣果確実!管理釣り場で気軽に遊ぼう!
山で楽しむ!渓流のフライフィッシング!
気分はハンター!湖で大物にチャレンジ!
フライを自作!タイイングを始めよう!

<関連リンク>
Flyshop Online
ナチュラム
【楽天市場】スポーツ・アウトドア>フィッシング
Yahoo!ショッピング フィッシング


■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。