前回「フライフィッシング専門用語徹底解説!」に引き続き、フライフィッシングをはじめるための基礎講座第3回目。今回は、釣りに必要な「結び」のテクニックです。

完璧なる結びを身に付けないと、絶対後悔する

釣りという遊びをするには必ず通らなくてはならないのが、結びのテクニック。どんな釣りをするにも、何かしらを結ぶという行為を行うことになるのは、ご存知のとおりだ。これからライン同士を結んだり、ラインと針を結んだりといろいろなテクニックを覚えなくてはならないが、じっくり練習してほしい。

完璧なる結び(=ノット)を身に付けないと、絶対といっていいほど後悔すると断言できる。初心者の人の中には、「団子結びを何回か繰り返すだけ……」なんてことも人も見かけるけど、これは絶対にNG。放流したてのチビニジマスぐらいならなんとかなるかも知れないが、それ以外の気難しい魚や大型の魚には絶対に通用しない。やっぱり、見た目がキレイな結びはそれだけ強度もあるし、コンパクトになるのだ。結び目を気にしながら釣りをするなんて嫌なものなので、絶対の自信が持てるまで何度でも繰り返して結ぼう。ちなみに、ひとつの結び方をマスターしたといえるのは薄暗がりの中でも簡単に結べたとき。手元をそんなに見ないでも結べるようになれば、そのノットは完璧な強度を持っているはずなので、思いっきりトライできるぞ。

さて、「いろいろ小難しそうだな~」なんて思ったあなたは間違い。フライフィッシングで最低限必要になるノットは、とてもシンプルなのだ。ここでは3種類のノットを紹介するので、昼夜を問わず練習して欲しい。ポケットにいつも練習用の紐が入っているようになれば、あなたも立派なフライフィッシャーマンの仲間入りだ。

下図は、オーソドックスなフライフィッシングの仕掛け。これを見ると大体3つの結びが必要なことがわかるはず。まずはフライラインとリーダー、次にリーダーとティペット、最後にティペットとフライ。この3つをひとつにするために、様々な「結び=ノット」が使われるわけだ。ガイドが薦める、初心者に優しく上級者になっても使い続けるであろう3種類のノットを解説しよう。
オーソドックスなフライフィッシングの仕掛け。これを見ると大体3つの結びが必要なことがわかるはず


フライラインとリーダーを結ぶ「ネイル・ノット」

最初にフライラインとリーダーの結び方を説明しよう。フライラインが作ったループの力をフライにうまく伝えるために必要なリーダーだが、実はコレ消耗品。上手に使えば2~3回の釣行ぐらいでは取り替えなくても良いが、強風でヨレや結び目が出来てしまったときや、傷が入ってしまったときなどは交換しなくてはならない。様々な結び方があるけど、一番簡単で仕上がりが美しいのは、なんといっても「ネイル・ノット」だ。チューブ状の小物が必要になるけど、別に何千円も掛けて専用の器具を買わなくても、チュッパチャプス(お菓子)の芯みたいなもので応用できる。まずは、画像の要領で実際に練習してみて欲しい。

1.白い紐がフライライン、赤い紐がリーダーだ。リーダーの後端と、フライラインの先端を20センチ程度並行にセットし、中空のチューブ(ここではストロー)を置く。チューブとフライラインの先端に合わせておこう。
2.リーダーを折り返し、チューブとフライラインの両方を巻いていく。
3.キレイに6~7回巻いたら準備完了。ネイル・ノットはここからが山場だ。
4.先ほどセットしたチューブの穴に、リーダーの端を通す。なるべく奥まで差し込んでやる。
5.キレイに巻いたリーダーと、フライラインの位置をずらさないよう慎重にチューブを抜く。
6.チューブを抜いた後も形が崩れないよう、指でやわらかく押さえておく。
7.リーダーの両端を持ち、静かにゆっくりと両側を引っ張る。画像では分かりやすいように両手でやっているが、実際には先ほど添えた手を使いながら引っ張るので少々慣れが必要。
8.ある程度引き絞ったら、全体の形を見ながらさらに両端を引っ張る。ここは目一杯の力で締めこむ感じでOK。それで切れるようなら、失敗なのでやり直そう。
9.フライラインの先端と、リーダーの端を切れば完成だ。両方ともギリギリでカットすると、ガイドの通りが良くなる。
完成。これが実際のネイル・ノットの仕上がった状態。最近では、簡単にフライラインとリーダーを接続できるプラスチックグッズがあるが、結び目の大きさを比べればどちらが美しいか一目瞭然。キレイなノットは強度も高いのだ。
>>まだまだ続きます、結び方>>