ナンパ箱はノリピー事件の影響ナシ
むしろ盛り上がっている!

k01
ガイド:
それはつまりジャンキー箱じゃないってことだよね。でも、なんでまったく弊害がなかったの?

芦沢:
それはいま言った箱についているお客さんたちは安心してるからです。クラブって何から入るかと言うと、やっぱり偏見から入るんですよ。怖いんじゃないか、ドラッグがあるんじゃないか、オシャレじゃなきゃ行けないんじゃないか、可愛くなきゃ楽しめないんじゃないんだろうか、曲を知らないと無理なんじゃないか、って。でもキャメロットに行ってみたらフツーのコだらけだしJ-POPがかかってる。ジニアスに行ったらナンパばっかでチャラいし、みんなトランス知らなくても踊ってる。だから全く偏見がないんですよ。前にも言いましたけど、もうホント、カラオケにでも行くようなノリで。

ガイド:
なるほど。今どきカラオケボックスに行くのに怖がる人はいないもんね。つまり真意の程は分からないけど、一般のお客さんからしてみればドラッグやってるヤツなんていない、っていう認識なんだよね。

芦沢:
そうです。お客さんからしてみたら「へー、私たちが行ってるAにもそんなヤツいたんだ」くらいの感覚で、「でも私たちが知ってるAは平和だし別に関係ないよね」って話なんです。

ガイド:
なるほどね。むしろ盛り上がってる、と。

芦沢:
はい。もちろんアングラ路線の音箱なんかは多少、影響があるでしょうけど、ナンパ箱については関係ないですね。

ガイド:
分かった。お客さんはそうだとして、ではクラブ業界的にはどうなの?

芦沢:
業界的には厳しく見てましたよ。やっぱりいつも以上にドラッグ関係については注視していた。で、結果、そういうお客さんは減ったんですよ。

ガイド:
なるほどね。こののりピー事件で、より健全な方に向かった、と。

芦沢:
そういうことです。ドラッグやっている人がクラブは控えようとなってくれたおかげで、一般の人はより健全に遊べるようになった。

ガイド:
いいね。もうのりピー様々だね(笑)。では後編はのりピー事件以降のナンパ事情を話しましょうか。期待して待て!

【関連サイト】
・関連ガイド記事  ボクにも出来たクラブナンパ事情(前編)
          ボクにも出来たクラブナンパ事情(後編)
          ボクにも出来たクラブナンパ事情2
          ボクにも出来たクラブナンパ事情3(前編)
          ボクにも出来たクラブナンパ事情3(後編)
          ボクにも出来たクラブナンパ事情4(前編)
          ボクにも出来たクラブナンパ事情4(後編)

・関連リンク集  クラブ

・関連サイト
        ジニアス
        キャメロット
        エーライフ
        アクシス
        芦沢教授ブログ

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。