「スポーツジムやエステや美容クリニックには絶対行かない!」という「自然美徹底追求主義」を、齢53歳になって未だ貫きとおすワタクシ・山田ゴメスだが、つい先日、そんな物心ついてから何十年も堅守し続けてきたポリシーを揺るがす『身だしなみコース』という脱毛プランを発見!

はたして、なにをどう“身だしなむ”のか!? みずからのカラダを張って、体験ルポを敢行してみました!!


「とくに許せないムダ毛」と戦う

まずは下記のアンケート結果をご覧いただきましょう。

Q.彼氏や夫など大切な人の「特に許せないムダ毛」は?(ゴリラクリニック調べ/対象:女性205人・複数回答可)

1位:鼻毛 78.1%
2位:耳毛 64.2%
3位:臀部全般にまで到る尻毛 58.3%
4位:濃い胸毛 50.2%
5位:手首・手の甲・指毛が濃い 34.5%


さて。勘の良いAll About読者の皆さまなら、すでに薄々お気づきかもしれません。『身だしなみコース』とは、「許せないムダ毛」の1位・2位を独占した鼻毛・耳毛に眉毛をプラスした「脱毛3点セット」のこと。まだ30代のアナタは、正直あまりピンと来ないセット……ですよね? でも、40代を越えたころのアナタや50代の私にとって、この3つの毛はかなり切実なんです。

加齢による男性ホルモンバランスの変化が原因で、にょろっと制御が利かない感じに伸びてくる鼻毛・眉毛、とくに鏡チェックが困難な耳毛……しかも悲しいことに、ヒゲや胸毛と比べ、これらの毛に対する女子のマニアはほぼ100%存在しません。

とは言え「脱毛の施術はけっこう痛い」という噂はいまだ根強く、極端に痛みに弱い“脱毛童貞”としては、つい二の足を踏んでしまうのも正直なところ……。

ってなわけで「とりあえずはカウンセリングを受けてみて、それで嫌だったらすぐ帰ってもいいですか」の条件を呑んでもらったうえで、このコースを目下売り出し中の男性専門美容外科『ゴリラクリニック』に足を運んだ次第であります。


いざ、脱毛! の前にいろいろ聞いてみた

──取り急ぎ、カウンセリングは何分くらいかかるんですか?

ゴリラクリニック担当医(以下、担当医)
:お客さまの肌の質や状態を診たり、本日の施術についてや「脱毛の仕組み」などの説明をさせていただいたりで、だいたい30分から1時間くらいでしょうか。

──「肌の質や状態」って?

担当医:
『身だしなみコース』の場合、基本はレーザー照射施術ですから、アレルギー体質などを事前にチェックするのが目的です。あと、レーザーはメラニンに反応するので、たとえばメラニンが表皮に染み出ている“軽いヤケド状態”である、極端なガングロの方などは、レーザーが分散してしまい、効き目が薄くなるので、通院回数が増えてしまったりもするんです。

──ボク、わりとガングロなんですけど、大丈夫ですか? あ、断っておきますけどコレ、日サロじゃなくて、あくまで草野球焼けですから!

担当医:
この程度なら全然平気ですよ(笑)。おそらく通常どおり、5回から7回ほど通っていただくだけで「永久脱毛」できます。

──費用はいかほどで……?

担当医:
総額で約8万円ほどです。

──け、けっこうしますね……。

担当医:
たしかに、最初はそうお感じになる方も多いでしょうが、「胸毛や腕毛やスネ毛と違って、洋服では絶対隠せない剥き出しのパーツの身だしなみ」と解釈していただければ、お得なセットだと私どもは自負しております。
カウンセリングを受ける山田ゴメス53歳

カウンセリングを受ける山田ゴメス53歳


──ところで、脱毛の施術って……ぶっちゃけ痛いんですよね?

担当医:
残念ながら「無痛」というわけにはいきません(笑)。

──どれくらい痛いんですか?

担当医:
当クリニックでは、「軽いゴムパッチン程度の痛さ」と表現させていただいています。

──う~ん、痛いんだか痛くないんだか……わりと微妙なラインですね……。

担当医:どうしても、痛みに耐えられそうもないという方には、別料金で「笑気麻酔(ガス)」や「塗るタイプの部分麻酔」もございます。笑気麻酔はガスを吸うことで、少し酔っ払ったような気分になるため、痛みが軽減されます。これらの使用ご希望は、半々くらいの比率でしょうか。

──マジかぁ……。プラスお金がかかっちゃうってえのは悩みどころですなぁ……。で、そのゴムパッチンに堪えなきゃいけない時間は?

担当医:施術時間は平均約30分ほどですね。

──ゴムパッチンが30分も続くのかぁ。やっぱ、やめよっかな……。

担当医:それは残念です(笑)。ただ、レーザーは基本「黒い色」に反応するので、脱毛したい毛が白髪になったりしたら施術が難しくなります。したがって、なるべく「若いうちに」受けていただくことがおすすめなんです。とくに鼻毛はすぐ白髪になってしまいがちですしね。

──……やっぱ、今日やります! ところで、この『身だしなみセット』って、あまり聞き慣れないんですけど、どこの美容クリニックでもやってたりするんですか?

担当医:案外、やっていないのではないでしょうか? なぜなら、耳・鼻・眉というのは毛こそ少ないですが、とてもデリケートな部位ゆえ、それなりの(施術者の)テクニックを必要とするからです。


施術スタート

1.脱毛部分をマーキングし、剃毛(できれば来院前に脱毛したい部分をみずから剃毛するのがベスト)。
眉毛の脱毛部分をマーキング。

眉毛の脱毛部分をマーキング。

2.目にレーザー光線遮断用のアイマスクをしてもらい、「眉→耳→鼻」の順でレーザー照射(平均して眉が3回、耳が5回、鼻が2回くらい)。
眉毛のレーザー照射。

眉毛のレーザー照射。

3.念のため、化膿止め錠剤と塗り薬をいただいて終了(次回の来院は約1ヵ月半~2ヵ月後)。



担当医:いかがでしたか?

──耳はレーザーの「バシュ!」って音がむっちゃおっかなかったです……。

担当医:(笑)。他のパーツは?

──眉は、目を閉じていてもレーザーを照射する瞬間、目の中がピカッと光っておっかなかったです。ただ、そのおっかなさが勝っていたのか、痛みはあまり感じなかった……ってよりは、感じるヒマがなかったかも?

担当医:わかります。次第に慣れてくるとは思いますが……(笑)。では、3点セットで「一番痛い」とされている鼻はどうでした?

──先生が施術前にゴムパッチンなんて、散々脅かしてくれたおかげ(?)で、想像ほど痛くはありませんでした(笑)。

担当医:ありがとうございます。これに懲りずに、また来てくださいね。


[施術1回目の成果]

<ビフォー>
undefined

 


<アフター>
undefined

 

なんとなく見だしなんだ気分に浸り、クリニックを後にするゴメス。

なんとなく見だしなんだ気分に浸り、クリニックを後にするゴメス。


協力/ゴリラクリニック 新宿本院
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。