新世代のラジカセ!?BB-1000CD登場

BB-1000CD
まさに現代版ラジカセといえるリニアPCMレコーダー、TASCAMのBB-1000CD
カセットテープの衰退に伴い、最近影が薄くなったラジカセ。でも、手軽にみんなで音楽が聴け、その場の音を録音できるという手軽さ、便利さは格別だったように思います。いまさら音質の悪いカセットテープに戻りたいとは思いませんが、現代のニーズ、技術にマッチしたラジカセがあったら……と思っていたら、まさにそんな製品が登場しました。

今回紹介するTASCAMのBB-1000CDは、実売価格60,000円程度とちょっと高めな設定ではありますが、SDとCDのメディアをうまく利用した機材です。とりあえず、手元のCDを再生してみると、高価なだけに音質はなかなかなもの。5W+5Wのデジタルパワーアンプを内蔵しており、大きさの割に結構な迫力もあります。


SDとCDに対応した録音と再生をサポート

BB-1000CD
CDおよびSD/SDHCの再生および録音ができる
現代のラジカセといっても言葉的には、だいぶ違うかもしれません。というのも、BB-1000CDにはラジオ機能もカセット機能もないからです。その代わりに用意されているのがSDとCDです。

前述のとおり、CDの再生ができるのはもちろんですが、CD-Rを入れれば、これに直接レコーディングできてしまうというのもポイント。一方、これは立派なリニアPCMレコーダーでもあり、リニアPCMレコーダーとして定番であるSD/SDHCを使っての録音、再生も可能となっています。

ただし、サポートしているフォーマットはCDと同じ16bit/44.1kHzであり、TASCAMのDR-100やDR-07のように24bit/96kHzや24bit/48kHzなどはサポートしていません。またリニアPCMであるWAVファイルだけでなくMP3(64kbps、128kbps、192kbps)もサポートしているため、より気軽に録音、再生できるというのもラジカセ風なところです。