4,980円の歌うキーボード、ポケット・ミク

ポケット・ミク

学研、大人の科学特別編、ポケット・ミク

学研の大人の科学シリーズとして、これまでアナログシンセサイザのSX-150やテルミン、ミニエレキ、さらにはSX-150の進化版、SX-150markIIと、さまざまな音モノのガジェットが発売されてきましたが、さらに強力で本格的なDTMシステムが発売されました。

それが大人の科学マガジン特別編「歌うキーボード ポケット・ミク」というものです。大人の科学というと、雑誌がメインで、その付録として面白いものが付いてくるというイメージを持っている方も多いと思いますが、今回の「ポケット・ミク」は“特別編”というだけあって、ちょっと違います。そう雑誌はなく、メインはあくまでも「ポケット・ミク」というハードウェアであり、それにマニュアルが付いているという構成のものです。

では、そのポケット・ミクとは何なのか?これは、以前にも紹介したYAMAHAのNSX-1というICを心臓部の持つハードウェアで、名前の通り、初音ミクのポケット版。本体にあるスタイラス・キーボードをペンでタッチすると、初音ミクの声で歌ってくれるというものです。

PC版のVOCALOIDとは異なり、発音方式が異なるeVocaloidというシステムではありますが、声は明らかに初音ミクですね。

デフォルトでは、鍵盤の音程を歌ってくれる仕様となっており、「ドレミ」と弾けば「ドレミ」と初音ミクの声で歌ってくれるわけです。

しかし、ボタン操作によって、アイウエオを歌わせることもできるし、あらかじめ仕込んである「ちょうちょ」、「ほたるの光」、「さくら」などの歌詞を歌わせることも可能。まったく楽器が弾けない人でも、それなりに使えるし、なんといってもコンピュータなしで歌わせられる手軽さは、非常に大きなポイントとなっています。

でも、ポケット・ミクが本領を発揮するのは、ここからです。