多くの男性をその気にさせる靴!

 70’sビットモカシン
1970年代に製造されたグッチのビットモカシンです。オレンジブラウンのアッパーは、トム・フォード時代からグッチを知った人には信じられない色合いでしょう。ヒールの高さは3cmと高め。因みに2008年春時点での定番品は、この時代のこのモデルをベースに現代風にしたものです。


前回はシンプルながら押しの強い外観に反し、寛容なフィット感と似合う服の多様さが何とも魅力的なコブラヴァンプに焦点をあてました。本家であるフローシャイム社をはじめとして、アメリカの靴メーカーあるいは彼らから今まで影響を受けた他国のブランドが、より本気で復刻してくれることを願ってやみません。

さて今回は、甲にこれ見よがしの金属飾りが堂々と付く「ビットモカシン」を探っていこうと思います。前回のコブラヴァンプとは、同じスリッポンでありながら見た目はあまりに、あまりに対照的。メンズのドレスシューズ全体から見ても一二を争う華美なデザインですが、ミーハーなブランド好き男性のみならず、おカタい靴好き野郎でも何故か一度は恋焦がれてしまう「魔性の靴」でもあります。通常のファッション誌ではまず語られない、この靴の真の歴史的意義や魅力について、じっくり迫ってみましょう!


次のページでは、この靴の歴史について、簡単に振り返ってみましょう!