チーニーとのデザインの互換性は?


REAL CAPE BUCKの表記
BUCKという起毛モデルに記されたREAL CAPE BUCKの表記。チェットウィンド スエードに似たモデルだが、ライニングがレザー仕様でした。
「デザインチームも別々で、工場も別ですから共通のデザインはありません。ただ同じグループですから交流はあると思います」

バックというのはなんの革?


ここからは個人的な質問になりました(笑)。バック(BUCK)というライトタン色のスエードモデルを持っているのですが、REAL CAPE BUCKという表記があり、この素材が不明でした。

感触が柔らかかったこともあって、ずっと鹿か羊の革だと思っていました・・・。

「カーフです。たしかにBUCKというと昔はシャモアやディアスキンといった鹿革を指していましたが、現在はカーフを起毛させたものを呼んでいます」


バーウッドが好きなんですが?


バーウッド
取材当日履いていた旧チャーチのバーウッド。色はサンダルウッドです。ちなみに靴下は大好きなハリソンのアーガイル柄で、チノーズは懐かしいバリー・ブリッケン。秋が深まればコーデュロイやフランネルのパンツに変わります(笑)。
「チャーチの歴代販売トップ5は、コンサルチェットウィンドグラフトンディプロマットバーウッドです。バーウッドはもともと狩猟のときに履いたこともあって、とても英国の匂いのするモデルです。イタリアではサンダルウッドが人気です」

バーウッドはブックバインダー(ポリッシュドバインダー)を使ったウイングチップ(フルブローグ)で、ダブルレザーソール仕様という頑強な作りが魅力です。

トリッカーズのカントリーよりも上品で作りもいいです。

ちなみにバーウッドはメンズだけでなく、レディスモデルもあります。以前、伊勢丹がラスト81を使ったメンズの復刻モデルを扱っていました。現在購入できるかどうかは不明・・・。

このようにあっという間の取材でしたが、フォックス氏の笑顔に会えただけでも嬉しかったです。

個人的にはラスト100のグラフトン(外羽根式のウイングチップ)が欲しいですねえ~。


チャーチのお問い合わせ先
チャーチ ジャパン/渡辺産業
TEL 03-5466-3454
東京都港区南青山5-14-1
グリーンビル1F

http://www.watanabe-int.co.jp/



[関連リンク]
:現在のチャーチについての記事ならこちら。木型の特徴も載っています。

旧チャーチについての記事ならこちら。新旧のチャーチを比較してみてください。

靴の修理で困ったら、UNION WORKS AOYAMAがおすすめ。

キルティング・ジャケットで有名な、英国ラベンハムの記事です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。