フォックス氏が一番好きな靴は?


エディフィス渋谷店に飾られたチャーチのプレート
エディフィス渋谷店にディスプレイされたプレート。他にも古い木型などが飾られていた。マニア必見です!
長年チャーチに接してこられたフォックス氏。彼が一番好きなモデルを聞いてみた。

ウエストバリーというモンクストラップが好きです。ブラックのカーフだけでなく、バーガンディーやブラウンのスエードも揃えています(笑)。あと、コンサルもよく履きます」

紐靴タイプではなく、モンクストラップというあたりが通好みだな~と感動してしまいました。

このウエストバリーというのも当時はラスト73を使っていて、ブックバインダーのカーフが有名でした。

おそらくバーガンディーやブラウンのスエードは別注で作られたのでしょう。バーガンディー(ボルドー、ワイン色)のモンクというのも艶っぽくていいものです。これは欲しい!

コンソルというモデルもラスト73で、いわゆるストレートチップモデルです。ディプロマットとは違って、穴飾りのまったくない大人のモデルです。


なぜ価格が上がったの?


ブックバンダー表記の靴箱
ブックバインダー表記の旧チャーチの靴箱。現在ではポリッシュドバインダーという呼び名に変更されている。
こんな、もの凄く嫌味な、かつ庶民的な質問をぶつけてみました。

「価格が上がった背景には世界的な金融状況もあると思います。また革の入手が難しくなってきているのも理由のひとつでしょう。ただチャーチとしては絶対にクオリティーで妥協したくはありません。値段中心でクオリティーを妥協しているメーカーもありますが、チャーチはそういうことはしません」

チャーチは長年にわたって価格を上げなかった。これだけでも有り難いことなんですが、急に上がってしまったため、ボクも含めたオールドファンは驚いてしまったわけです。

ジョン・ロブにしたって、ここ数年でぐんぐん値段が上がったりしていますから、価格の引き上げはしょうがないことです。それよりクオリティーに妥協しない企業姿勢を信じたいです。

ブックバインダーはなくなったの?


「2000年か2001年に呼び方がポリッシュドバインダーに変更されました。まだ継続して作っています、ご安心を」

独特の光沢と触ったときの繊細なタッチが魅力で、とても好きなカーフです。とくにサンダルウッドのブックバインダーは最高です。ほんと、なくならなくてよかった・・・。


次のページは、「チーニーとのデザインの互換性は?」です