トニー・フォックス氏
27年間、バーリントンアーケード店で販売に携わってきたトニー・フォックス氏。エディフィス渋谷店で開催されたオーダー会でも、その実力は発揮された。笑顔の素敵な紳士です。
9月15日にチャーチのオーダー会がエディフィス渋谷店で開催されたので行ってきました。

といってもボクの場合はオーダーが目的ではなく、来日されたトニー・フォックス氏に会うためです。

フォックス氏は27年間、バーリントンアーケード店に勤められたベテランの販売員で、現在はマネージャーとしてスタッフのトレーニングや教育などを行う責任者でもあります。

つまりチャーチの靴を知り尽くした人物ということです。そんな彼にいろいろ質問してみました。


2000年以降、すっかり新しい木型になってしまいましたが?


「2000年に導入されたラスト(木型)100は、もっと若い世代にチャーチを理解してもらいたいという理由から始まりました。2年前からはロングノーズのラスト108も登場し、こちらも評判がいいです」

ラスト73はどうなったの?


SANDRINGHAM
ラスト173を採用したSANDRINGHAM。ラスト73をベースに、現代人の足によりフィットするように調整されている。トウのあたりはラスト73よりも若干丸みがあるようだ。
チャーチのなかでも傑作と呼ばれるチェットウィンド。このモデルに使われていたのがラスト73という木型です。

ちなみに現在のチェットウィンドは、ラスト73を継承したラスト100が採用されていて、ボリューム感のあるトウに仕上がっています。

「ラスト100を使ったモデルが発売されたときに、日本でラスト73の復活を望む声が大きく、ラスト73のトウシェイプを継承し、現代人によりフィットしたラスト173を作りました。2年前から導入しています」

ラスト173はチャーチの新しい定番ラストといっていい存在で、旧チャーチ時代のラスト73のようにロングセラーの傑作木型になりそうです。

では、ラスト73はもう消滅したのかというとそうではなく、別注コレクションで継続して生産しているようです。嬉しいやら悲しいやら・・・。

現在一般に販売されているチェットウィンドディプロマットウエストバリーコンサルBECKET(発音がわからないので英語表記)の木型はラスト73からラスト100にすべて変更されています。

このラスト100というのが現在ヨーロッパでベストセラーになっている木型ですね。

超ロングノーズのイタリア靴を目にする機会が多い現在、ラスト100という木型はむしろクラシックな雰囲気です。

このラスト100とラスト173なら旧チャーチ好きのボクも、どうにか受け入れられそうですね(笑)。


次のページは、「フォックス氏が一番好きな靴は?」です