ラベンハムのタグ
購入すると付いてくるタグ。中央の羽根と王冠はTHE QUEEN'S AWARDSのマーク。これは英国女王から、貢献した会社に与えられるもの。
もう、ラベンハムを知らない人はいないだろう。あのナイロン・キルティング・ジャケットで有名なブランドだ。

いまでこそ、さまざまなブランドがキルティング・ジャケットを発売しているが、そのオリジナルはラベンハムなのだ!

馬用の毛布がオリジナル


ラベンハムは、1969年にロンドン北東部に位置するサフォーク州の小さな村LAVENHAMで、Mrs.エリオットによって設立されている。

老舗の多い英国にあって、それほど古いメーカーではないのだ。


ナイロン・キルティングのホース・ブランケット
馬用のキルティング・ブランケット。現在でも進化しながら作り続けられている。
彼女は当時、エリザベス女王に仕える女官だったが、あるときキルティング加工を施した生地を使って、女王が乗る馬用のホース・ブランケットを考案する。

それまではジュート(黄麻)で作られており、保温性に欠けていた。また濡れやすいため改善が求められていたのだ。

1969年にラベンハム社を立ち上げ、ナイロンを使った馬用のキルティング・ブランケットを発売する。ジュートにくらべて保温性に優れ、軽く耐久性があるため、評判がよく、瞬く間に英国中に広まっていった。


1972年、ナイロン・キルティング・ジャケット発売


ナイロンのホース・ブランケット
渡辺産業のプレスルームに飾られているのも馬用のもの。ラベンハムと馬との深い関係が伝わってくる。紙で作られた馬がなんとも微笑ましい。
当初は馬用に作っていたキルティング・ブランケットだったが、乗馬愛好家の要望が高まり、1972年にジョッパー用のジャケットが完成する。それが「ナイロン・キルティング・ジャケット」である。

1978年になると、現在のラベンハムを象徴するダイヤモンド・キルティング・ジャケットが発表される。このジャケットこそ現在の定番モデルと考えていいだろう。

乗馬用の地味なトレーニング・ウェアにファッション性を持ち込んだ功績は大きい。

1982年以来、ロンドン、パリ、ミラノ、ローマでスタイリッシュなアウターウェアとして注目されるようになり、ファッションウェアとして地位を築いていく。現在のブームの火付け役はやっぱりイタリアからで、日本には’93年に上陸している。

当初はスーツの上に羽織るスタイルだったが、現在ではナイロン、ポリエステル、ウールなど、さまざまな素材のものが増え、もっと気軽に、楽しくコーディネートできるようになった。


次のページは、「なんと、キルティング生地まで作っていた!」です