旧シェットランドフォックスのこと


SHETLAND FOX
1985年暮れ~1986年春頃にテイジンメンズショップで購入した旧シェットランドフォックスのセミブローグ。国内生産モデルです。伝統的な英国既製靴を彷彿させる佇まいです。

シェットランドフォックス」(SHETLAND FOX)は1982年から1990年代半ばにかけてリーガルコーポレーション(当時は日本製靴)が販売していた既製靴ブランドで、国内最高峰のクオリティーと、従来の国内モデルにはなかった英国靴らしいデザインを誇っていました。

1980年代当時リーガルが販売していた最高級ラインが「リーガルシューズ オリジナル」「リーガルシューズ オリジナル ブリティッシュコレクション」、高級ラインが「イーストコーストコレクション」でした。後半になると少しカジュアルな「アメリカン クラシック」などが加わりました。

これらが言わば表看板のようなもので、シェットランドフォックスは販売形態が異なっていたこともあり、玄人好みというか地味ながら靴好きを満足させる存在でした。

リーガルブランドがアメリカントラディショナル派から支持されていたとすれば、シェットランドフォックスは、ブリティッシュアメリカン愛好者にファンが多かったように思います。

SHETLAND FOX
1985年頃購入の旧シェットランドフォックス。こちらは英国製です。靴好きのK氏所有。

シェットランドフォックスがスタートした1980年代初頭の英国既製靴といえば、まずチャーチでしょう。

次にリーガルが販売店になっていたクロケット&ジョーンズといったところ。グレンソンはセレクトショップで取り扱っていたようです。

チャーチは英国既製靴のなかでも最高峰だと当時の靴好きは思っていました。エドワードグリーンなんてまだ知りませんでしたからね。

そんなチャーチを代表とする英国既製靴ブランドに負けないクオリティーを備えたブランドが、シェットランドフォックスだったわけです。

SHETLAND FOX
上のモデルの画像をアップしたものです。製造はクロケット&ジョーンズと言われています。

面白いことにシェットランドフォックスには国内生産のものと英国生産(おそらくクロケット&ジョーンズ製)の2タイプがありました。

当初から英国製のものがあったかどうかはわかりませんが、1985年頃には間違いなく展開していたようです。

次のページは、「1980年代の各ブランドの価格比較」です