グレーは着こなし方しだいで上品にも地味にも見える色

グレーが似合わないと感じている方へ:似合うグレーの選び方

グレーは上品な色ですが、着こなし方を間違えると“枯れ女”になってしまうことも!?

グレーは、白、黒、ベージュ、茶、ネイビーと同じように、ファッションやインテリアのベーシックカラーとして親しまれています。白や黒と同じ無彩色に分類されますが、白や黒のように主張する色ではないので、着こなし方によって、上品にも地味にもなります。

「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」という言葉があるように、グレー(鼠色)は、色みの混じっていないニュートラルなグレーだけでなく、カラードグレー(色みのあるグレー)もあるため、色のバリエーションが豊富です。

そこで今回は、パーソナルカラーの4つの基本タイプ別に、似合うグレーの選び方と、あなたを魅力的にみせるカラーコーディネートのコツをご紹介します。

グレーはベーシックなカラーなのに、どうしてもグレーの服やバッグが合わせにくいと感じていた方や、グレーは色白な人にしか似合わないと思い込んでいた方も、ぜひ自分に似合うグレーを探してみてくださいね。

【INDEX】  

「グレーが似合わない」と感じている方へ:似合うグレーの選び方

人によっては、色みのないニュートラルなグレーよりも、カラードグレー(色みのあるグレー)が似合うこともあります

人によっては、色みのないニュートラルなグレーよりも、カラードグレー(色みのあるグレー)が似合うこともあります

■グレーが似合う人は一部(似合わない人のほうが多い)
対面型のパーソナルカラー診断では、胸元にカラードレープを当てて、お顔映りをチェックします。実は、他の色に比べると、グレーがとてもよくお似合いになるというケースは稀です。極端な例では、グレーのカラードレープを当てると、お顔の色が暗くなり、ほうれい線、クスミやシミなどの色素が目立ちやすくなることも。

■似合うグレーと、似合わないグレーを知っておく
しかし、グレーの中でも、比較的顔映りの良いグレーとそうでないグレーがありますので、自分に似合うグレーの傾向をつかんでおくことも、おしゃれ上手になる早道です。

まずは、パーソナルカラーのタイプ別に、似合うグレーの選び方をご紹介しますので、ご参考になさってください。ご自分のタイプがわからない方は、パーソナルカラー診断のページをご覧ください。
パーソナルカラーごとのグレーの選び方:スプリングタイプ、サマータイプ、オータムタイプ、ウィンタータイプ

自分に似合うグレー、似合わないグレーを知っておくと、おしゃれの幅が広がります

■スプリング(春)タイプ
スプリングタイプは、黄みが入った、少し暖かみのある、柔らかいライトウォームグレーがお似合いになります。青みの強いグレー、暗いグレーは、地味に見えやすいので、避けた方がよいでしょう。
■サマー(夏)タイプ
サマータイプの方は、スモーキーなグレー系はよくお似合いになります。特に、ブルーが混じった明るめのブルーグレーはおすすめです。黄みがかったグレーはお顔の輪郭がぼけるので、避けた方がよいでしょう。
■オータム(秋)タイプ
オータムタイプの方は、濃いめのグレーで、グリーンが混じったような複雑なニュアンスのあるウォームグレーがお似合いになります。明るいグレーは、安っぽく見えてしまうので、避けた方がよいでしょう。鈍くて重い色調を選びましょう。
■ウィンター(冬)タイプ
ウィンタータイプの方は、白から黒へのグラデーション上にある、混じりけのないグレーがお似合いになります。黄みが混じったグレーは顔色がくすむので、避けた方がよいでしょう。明るいグレーもお似合いになりますが、ダークカラーと組み合わせて、コントラストをつけるのがポイントです。
次は、パーソナルカラーのタイプ別に、グレーの配色例をご紹介します。
 

グレーのカラーコーディネート!オフィスで好感度アップ

主張しすぎないグレーは、通勤スタイルに好適ですが、地味すぎるのは考えもの。カラーコーディネートで、適度な華やかさを演出しましょう。

■スプリング(春)タイプ
ライトウォームグレー、ひまわり色、若葉色

ライトウォームグレー、ひまわり色、若葉色

スプリングタイプは、基本的にグレーが苦手。明るめのライトウォームグレーで、光沢感のある艶っぽい素材を選びましょう。グレーは、トップスよりもボトムにもってくることをおすすめします。ひまわり色や若葉色など明るい色を合わせて、さっぱりとまとめるのが鉄則です。
■サマー(夏)タイプ                 
ブルーグレー、ディープローズ、グレイドネイビー

ブルーグレー、ディープローズ、グレイドネイビー


グレーを優雅に着こなせるのは、サマータイプならではの強みです。どちらかといえば、やさしい印象になりがちなので、仕事に必要な強さを演出したいときは、ダークな色を組み合わせましょう。ブルーグレーに、グレイドネイビー、ディープローズを組み合わせて、芯の強さをアピールしましょう。
■オータム(秋)タイプ
ウォームグレー、サーモンピンク、モスグリーン

ウォームグレー、サーモンピンク、モスグリーン


オータムタイプは、深みのあるウォームグレーがおすすめ。深みのあるモスグリーンと、癒し系のサーモンピンクを合わせて、ナチュラルでおしゃれな雰囲気を演出しましょう。かわいらしい印象を強調したいときは、サーモンピンクの分量を多くすると◎です。
■ウィンター(冬)タイプ
トゥルーグレー、アイシーピンク、ブラック

トゥルーグレー、アイシーピンク、ブラック

都会的でクールな印象のグレーとブラックを基調に、クールな印象のアイシーピンクを合わせてスタイリッシュに。ウィンタータイプは、モノトーンでまとめても似合いますが、ピンクを差し色にすると、女性らしさが引き立ちます。  

パーソナルカラーごとのグレーと華やかな色の組み合わせ方

アフター5に予定があるときは、華やかさも欲しいもの。艶やかな色を組み合わせて、大人ならではの存在感のある美しさを目指しましょう。

■スプリング(春)タイプ
ライトウォームグレー、すみれ色、アップルグリーン

ライトウォームグレー、すみれ色、アップルグリーン

スプリングタイプのカラーパレットには、キュートなイメージの色が多いのですが、アップルグリーンとパープル系のすみれ色を組み合わせると個性的な印象になります。派手になりがちな配色ですが、グレーの効果で、適度な落ち着きが生まれます。
■サマー(夏)タイプ
ブルーグレー、ソフトフクシア、ラベンダー

ブルーグレー、ソフトフクシア、ラベンダー

エレガントな雰囲気が持ち味のサマータイプですが、魅惑的な色を組み合わせると、夜のおでかけにふさわしい雰囲気を醸し出すことができます。ラベンダーにソフトフクシアのアクセントを効かせ、グレーの効果で品よく着こなすことができるでしょう。
■オータム(秋)タイプ
 ウォームグレー、ラスト、ティールブルー

 ウォームグレー、ラスト、ティールブルー

クラシカルなファッションが似合うオータムタイプ。ラスト、ティールブルーといったこっくりと深みのある色で、艶やかな女性らしさを表現してみてはいかがでしょうか。
■ウィンター(冬)タイプ
トゥルーグレー、フクシア、エメラルドグリーン

トゥルーグレー、フクシア、エメラルドグリーン

フクシアとエメラルドグリーンを組み合わせてゴージャスに。ウィンタータイプに似合う色はインパクトが強いので、シルエットやディテールをシンプルにまとめると、セクシーさが引き立ちます。 グレーは、色のインパクトが強くないので、ファッションのカラーコーディネートでは、素材選びも重要です。

パーソナルカラー診断で使うカラードレープは綿ブロードが多いのですが、実際の衣料品のグレーは素材やテクスチャーが豊富。カラードレープを当てたときの印象にとらわれすぎず、素材やテクスチャーを吟味することも、おしゃれを楽しむ秘訣です。

ガイドの最新情報は、All About公認ガイドブログFacebookページTwitterをご覧ください。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。