「白湯ダイエット」を成功させる飲み方

ゆっくり少しずつ飲むのがポイント!

ゆっくり少しずつ飲むのがポイント!

「白湯ダイエット」は、1日かけて800mlぐらいを目安に、少しずつゆっくり飲むのが効果的です。

■「白湯ダイエット」は、目覚めの1杯からスタート
朝は胃腸が冷えているときなので、消化力を高めるために白湯を飲んで温めます。この時、一口ずつ10~20分ぐらいかけて飲むのが理想です。朝食は白湯を飲んでから30分ぐらい経ってからが◎。こうすることで、胃腸の消化機能も活発になり、食べたものをきちんと消化できるようになります。

■3度の食事中に各1杯
3度の食事中に各1杯ずつ、ゆっくり少しずつ啜るように飲むのが効果的です。最初は白湯がまずいと感じることもありますが、体の老廃物が一掃されれば、白湯が甘いと感じられるようになります。

「白湯ダイエット」の注意点

白湯は体への水分吸収率がよいので、飲み過ぎるとむくんだり、体に必要な栄養素までが流されてしまうこともあるとか。そのため、飲む分量は1日に800mlが目安。また一気に飲むと、胃液が薄まり逆に消化の妨げになってしまうので注意しましょう。

さらに、お湯を冷まし過ぎると体内の毒素を洗い流す効果が半減してしまうので、人肌より熱めの50℃前後で飲むように心がけましょう。

次のページでは「白湯ダイエット」のQ&Aをご紹介します。