日本人が遭遇しやすいトラブルと対策

中国兵士

首都北京の治安は国の威信をかけて守られているが、油断は禁物

北京を旅行する日本人が、殺人事件や傷害事件に出くわすなんてことは、ほとんどありません。それでは頻繁に起こるトラブルとはどんなものでしょう。最もよく耳にするのが「ぼったくり」、それに続くのが「盗難&紛失」と「中国人とのトラブル」です。ここではこの3つのトラブルの詳細と対応策を紹介していきます。

遭遇しやすいトラブル1「ぼったくり」

中国では旅行者に限らず、地元の中国人でさえぼったくられることは少なくありません。北京在住20年以上のガイドも「ぼられたな……」と感じることはよくあります。そのため、他の2つのトラブルと比較して回避しにくいというのが現実。けれど、ぼったくりにも程度があります。ここでは、悪質なぼったくりを中心に説明していきます。

ぼったくり「買い物編」

秀水市場

値段交渉が必要な市場での買い物は楽しい反面、ぼったくられる心配も…

近年、デパートやスーパーの登場で、値段設定がされている“交渉不可”の販売スタイルが広まりつつありまずが、市場や個人ショップ、観光地ではまだまだ値段交渉による販売スタイルが主流。ぼったくられるのがどうしても嫌なら、デパートやホテルの売店などで「定価」で購入するのがベストですが、その場合、市場などよりかなり高額になる可能性も……。一長一短ですね。それでは対策です。

■対策
  • 日本語で声をかけてくるところでは購入しない。
  • 何件かの店で値段を聞いて相場を確認する。
  • 地元の人が購入している価格をチェックして相場を知る。
  • 値段交渉をする。土産物屋や外国人向けマーケットでは、相手の言い値の4分の1ぐらいから交渉をスタートさせる。
  • 自分の中で、これ以上だったら買わないという“最高値”をあらかじめ設定しておいて、“最高値”で買えないようなら、すっぱりあきらめる。キッパリした態度でその場を立ち去れば、店員が「ちょっと待った!」とこちらの言い値を受け入れるようなケースも。

  •  

ぼったくり「タクシー編」

北京のタクシー

近年、北京のタクシーのレベルは徐々に向上している

北京上海などの大都市のタクシーは比較的マナーが良いとされますが、それでも日本と比べたらまだまだなところも。客が会話をしているのに、ラジオのボリュームを大きくしたり、運転中に携帯電話を使用したり(本来、運転中の通話は違法)、酷いのになると、禁止されているタバコを運転手自ら吸うことも……。いちいち目くじらを立てたくなることばかりなのですが、彼らが悪意で行なっているのではないことを理解して、大目にみてあげてください。とはいえ、料金に関しては弱気になる必要はありません。

■対策
  • 白タクには絶対に乗らない(正規タクシーの車のナンバーは「京B」で始まる)。
  • メーターを倒さないタクシーには乗らない。
  • 積極的に声をかけてくるタクシーには乗らない。
  • 地元の人に訊いたり、地図を見たりして、距離感を掴んでおく。
  • できればホテルやタクシー乗り場から乗る。

  •  

ぼったくり「ナイトライフ編」

北京のクラブ

北京のクラブ。楽しくてついつい飲みすぎた……とならないように!

人間誰でもお酒が入るとついつい気が緩みがち。そんな人の弱みにつけこむ悪い人たちもいるので要注意。北京には女性がサービスするクラブやバーが数多くあり、その中には日本人客を専門としたお店も少なくありません。長期滞在の日本人が通う店は比較的安全ですが、それでも旅行者だからとターゲットにされることも……。油断は禁物です。

■対策
  • 日本人客がいない店には行かない。
  • できれば北京在住の日本人や地元の人と一緒に行く。
  • 多額の現金やカードは持ち歩かない。
  • 売春や淫行など違法なことはしない(突然、警察が捜査に入り逮捕されることもある)。
ぼったくり対策はここまでです。次の最終ページは「盗難、紛失」、「中国人とのトラブル」についてです。