北欧の味覚が集合、港のマーケット広場/フィンランド 

食材から民芸品までバラエティに富んだ品が集まるマーケット広場

食材から民芸品までバラエティに富んだ品が集まるマーケット広場

マーケット広場のフード屋台。簡易のテーブル席もある

マーケット広場のフード屋台。簡易のテーブル席もある

日本から一番近いヨーロッパ、フィンランドは映画『かもめ食堂』の舞台としてもおなじみ。料理は素朴ながら滋味あふれるテイストが持ち味です。そんなフィンランドの伝統的な食材に出会えるのが、ヘルシンキの南港に面した屋外マーケット、カウパットリ。

軒先に並んだカラフルな野菜や果物は見るだけでも興味深く、トナカイ肉などフィンランドならではの味覚が見つかることも。新鮮なサクランボやイチゴを買って現地で食べたり、屋台のテーブルに席をとって食事をとるのも楽しいですよ。メニューはサーモングリル、ニシン、 パエリアあたりが定番。とくにサーモンは脂がたっぷり、肉厚で食べ応えもあります。また、毎年10月に開催されるニシンづくしのフェアも好評です。

 

青空の下、新鮮な海の幸に舌鼓!

青空の下、新鮮な海の幸に舌鼓!

マーケット広場には工芸品なども並び、掘り出し物が見つかることも多々。まぶしい北欧の太陽の下で、ゆるりと散策してみてください。

<DATA>
■ヘルシンキのカウパットリ
場所:Kauppatori(マーケット広場)
アクセス:ヘルシンキ中央駅から徒歩10分
時間:月~土曜6:30~15:00(毎月第1日曜日はサンデーマーケット開催)

 

屋外だから楽しい! 世界の屋台・市場5選
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。