細かく切った野菜のスープ(後期~)

カテゴリー:汁物・スープ・鍋スープ

 

離乳食後期からの取り分けレシピ

バナナくらいの柔らかさのものであれば、歯茎でつぶして食べられるようになる時期になったらこのレシピ。大人用のシチューから取り分けた、柔らかく煮込まれた野菜を小さく切ってスープにしました。スープには調味料は入っていないので、鶏と野菜の素材の味を楽しめます。

完了期は、舌を自由自在に動かせるようになり、食事の時間も大人と同じになってきます。そこで、大人のシチューとほぼ同じものを作りました。味付けをしていないスープと具材を取り分けて作る野菜のシチューは、里芋・かぶ・しめじ・ねぎ・豆乳入りのシチューです。大人と同じものを食べているのを見て、赤ちゃんも満足すること間違いなしです。

細かく切った野菜のスープの材料(1食分

細かく切った野菜のスープ
スープストック 大さじ2 
かぶ 切ったものを1つ
里芋 切ったものを1つ
ねぎ 切ったものを1つ
しめじ 切ったものを1つ
離乳食完了期は、豆乳入りスープを使用。

細かく切った野菜のスープの作り方・手順

離乳食後期 (9~11ヶ月) 野菜入りのスープ

1:

鶏手羽と野菜の豆乳シチューの工程5から、スープ、かぶ、里芋、ねぎ、しめじを取り分けます。

2:

野菜ときのこを小さくみじん切りにします。
スープに具材を入れて、人肌まで冷ましてできあがり。

3:

スープに具材を入れて、人肌まで冷ましてできあがり。

離乳食完了期 (11ヶ月~1才3ヶ月) 野菜の豆乳シチュー

4:

鶏手羽と野菜の豆乳シチューの工程6の調味料を入れる前に、豆乳スープ、かぶ、里芋、ねぎ、しめじを取り分けます。

5:

野菜ときのこを小さく切ります。

6:

スープに具材を入れて、人肌まで冷ましてできあがり。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。