マリネードステーキ ベイクドポテト添え

所要時間:60分以上

カテゴリー:メインのおかずステーキ

 

マリネードステーキ、ベイクドポテト添えのレシピ

香辛料と赤ワインで作ったマリネ液にお手ごろ赤身ステーキ肉を漬けて焼くと、深みのあるやわらかいステーキに変身します。ステーキのお供は、やっぱりベイクドポテト。じっくりオーブンで焼き上げる手間を省き、下ゆでしてから焼きます。サワークリームを添えて。

マリネードステーキの材料(約4人分

ステーキの材料
牛肉 4枚(赤身牛ステーキ肉)
じゃがいも 4コ
サワークリーム 100g
わけぎ 2~3本
マリネ液
赤ワイン 250cc
シナモン 1本(スティック)
ローリエ 1枚
クローブ 3~4粒
オレガノ 2つまみ(乾燥したもの)
マジョラム 2つまみ(乾燥したもの)
三温糖 大さじ1
米酢 大さじ1
醤油 大さじ1
ウスターソース 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
洋ナシ シロップ漬け2つ(缶詰)
ニンニク 小さじ1/2(すりおろしたもの)
生姜 小さじ1(すりおろしたもの)

マリネードステーキの作り方・手順

マリネードステーキの作り方

1:

牛肉は肉たたきなどで全体をたたきます。両面に軽く塩こしょう(分量外)をしておきます。

2:

鍋に赤ワイン、三温糖、香辛料を加えて火にかけ、沸騰したらお酢と醤油、ウスターソースを加えます。そのまま室温におき、常温になるまで冷まします。

3:

密封タイプの保存袋にマリネ液を入れ、洋ナシとオリーブ油、ニンニクと生姜のすりおろしを加えます。

袋の中の洋ナシを手でつぶしながらマリネ液となじませます。そこへ牛肉を入れ、全体がなじむよう軽くもみこみます。そのまま冷蔵庫で半日寝かせます。

4:

牛肉を焼く前に、じゃがいもをゆでます。表面の泥を落とし、皮付きのまま丸ごと、中まで火が通るまでゆでます。ゆであがったらザルに上げ、水気をよく切っておきます。

5:

わけぎを小口切りにし、サワークリームと混ぜておきます。

6:

オーブンを250度に設定し、あらかじめ温めておきます。牛肉を冷蔵庫から出し、汁気をふき取って、室温に置いて常温に戻します。

オーブンの天板に薄くオリーブ油を塗り、牛肉を並べて、牛肉の表面にもオリーブ油を薄く塗ります。250度にあらかじめ温めておいたオーブンで、約15分焼きます。焼き上がったらすぐにお皿へ。ベイクドポテトには、サワークリームを添えていただきます。付け合せの野菜はお好みのものをご用意下さい。

ガイドのワンポイントアドバイス

牛肉を焼く前に肉の温度を常温に戻しておくと、焼きムラなく仕上がります。マリネする時間がないときは、袋の上からよくもみこみ、室温に2時間ほど置いておきます。大人の方向けに、カイエンヌペッパーやマスタードをマリネ液に加えてもおいしくいただけます。マリネ液に加える香辛料はお好みでアレンジして、お楽しみ下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。