山手の高級戸建街~阪急駅北東

駅界隈の商業地から北西方向に歩いてほんの数分。緩やかな南向き斜面の高級住宅街へと変わります。
 

阪急「川西能勢口」駅から西側に2~3分ほど歩くと住宅地。北側(右側)の方が高くなっているのがわかる。

阪急「川西能勢口」駅から西側に2~3分ほど歩くと住宅地。北側(右側)の方が高くなっているのがわかる。

 

駅へと向かう坂道から駅のある(東側)方面をみる。かなりの高低差がわかる。

駅へと向かう坂道から駅のある(東側)方面をみる。かなりの高低差がわかる。

敷地が大きく整形の区画が並ぶ住宅地。駅前よりは一段高いがフラットな土地。

敷地が大きく整形の区画が並ぶ住宅地。駅前よりは一段高いがフラットな土地。
 

平地にいながら山並みが目に入る。敷地に余裕がある宅地が多いため、周辺の緑も多い。

平地にいながら山並みが目に入る。敷地に余裕がある宅地が多いため、周辺の緑も多い。

敷地を囲み生け垣は、きちんと手入れがされている。

敷地を囲み生け垣は、きちんと手入れがされている。

住宅街で見つけた「ナイチンゲール像」。子どもが蝉とりする姿が懐かしい感じ。

住宅街で見つけた「ナイチンゲール像」。子どもが蝉とりする姿が懐かしい感じ。
 

フラットアクセスが魅力~阪急駅北西

瀟洒な戸建住宅街である駅北東方面が駅周辺と比べて高低差のある「坂道アクセス」であるのに対して、今から紹介する駅北西方面は、おなじ戸建街でも少し庶民的な様子の住宅街でフラットアクセスが魅力です。

l

「川西能勢口」駅周辺では線路は高架と。下は歩行者専用通路。
 

駅北東方向へは「川西能勢口」駅を始発とする能勢電鉄が走る。線路際までびっしりと戸建が並ぶのがわかる。

駅北東方向へは「川西能勢口」駅を始発とする能勢電鉄が走る。線路際までびっしりと戸建が並ぶのがわかる。

 

北西エリアの住宅街と比較して、小振りな一戸建てが多い。

北西エリアの住宅街と比較して、小振りな一戸建てが多い。

 

同規模の住宅がかなり多く建ち並ぶ。集合住宅は少ない。

同規模の住宅がかなり多く建ち並ぶ。集合住宅は少ない。

空地も多く、まだまだ新しいミニ開発戸建が供給されている。

空地も多く、まだまだ新しいミニ開発戸建が供給されている。

川西市役所はこのエリア。幹線道路沿いのロードサイド型店舗は少ない。

川西市役所はこのエリア。幹線道路沿いのロードサイド型店舗は少ない。

 駅周辺が商業施設、少し離れると戸建住宅街であった阪急駅北側エリア。これと比べて対照的なのがJR駅南側。次のページでは駅前からいきなりのどかな風景の広がるJR駅南側エリアを紹介いたします。