1mの布を使ったエプロンの作り方……裁縫の練習にもぴったり!

1mの布を使ったエプロンの作り方

自分で使うエプロンなら、少々失敗しても大丈夫


裁縫ビギナーさんのミシン練習にぴったりな、エプロンの作り方を紹介します。難しく思われがちなバイアステープも使用しますが、今回は裏面にもってくるので、上手に縫えなくても大丈夫。自宅使いのエプロンなら、少しぐらいの失敗はOKです。これが縫えれば、ミシン縫いもバイアステープ使いも、一歩上達。上手に縫えるようになってきたら、プレゼント用に作ってもいいですね。何枚でも作りたくなる、簡単で実用的なエプロンです。
   

1mの布、バイヤステープ用の布など……エプロン作りに準備するもの

派手なプリントなら、縫い目が意外に目立ちぬくいので、少々縫い目が飛んでも

派手なプリントなら、縫い目が意外に目立ちぬくいので、少々縫い目がゆがんでも。バイアス用の布は、裏側にくるので、あまっている布で十分

  • 本体用の布
  • バイアステープ用の布
  • 綿テープまたはリボン
  • はさみ、糸、針 など
本体用の布は、幅が1m以上なら、80cmもあれば充分ですが、ポケットなども付ける場合は、1m程準備しておくといいでしょう。バイアステープは、市販の物を利用する場合は、幅3~4cmの両折タイプを約70cm準備します。綿テープは2cm幅を3m使用しました。長さはお好みで調節してください。
 

手作りエプロンの縫い方手順

型を準備します

画像をクリックすると、拡大されます


1:左画像のような型を準備します。新聞紙など大きな紙に、実物大で書きカットします。 実際に布に写す時は、「わ」と表示されている線を中心に左右対称に型が写ります。
 
縫い線の周囲に縫い代をとり、縫い代線にそって、布をカットします

縫い線の周囲に縫い代をとり、縫い代線にそって、布をカットします


2:布を外表(布の表側が表面になる)に折り合わせ、間に両面複写のチャコペーパーをはさみます。布を折った線(広げた時に中心になる線)に、型の「わ」の表示がある辺をあわせて置き、ずれないように型紙をマチ針で留めておきます。ルレットやヘラを使って、型をなぞります。これが縫い線になります。次に、縫い代をとります。脇(バイアステープが付く箇所)は1cm、他は全て2cmとって線を引きます。この縫い代線に沿って、布をカットします。
 
バイアステープ

布目に対して45度の線を引きます


3:バイアステープを準備します。今回は仕上がり幅が4cm、両端の折幅が各1cmのテープを作るので、折る前のテープ幅は6cmです。布目に対して、45度の線を引き、6cmの幅をとって、画像のように線を引いていきます。詳しくは「バイアステープの作り方」をご覧ください。長さ約35cmのテープを2本作ります。
 
バイアステープ

市販のテープを利用する場合も、画像のように折り返しが1cmになるようにカットしておきます


4:6cm幅にカットした布の両端を1cm内側に折り返し、アイロンをかけておきます。市販のバイアステープを使用する場合は、仕上がり幅が3cm以上の物を使用してください。両端の折り返しが1cm以上あると思うので、画像のような感じで、各1cmになるようにカットしておきます。
 
三つ折縫い

脇以外の周囲は全て、内側に三つ折りにしてアイロンをかけ、ミシンで縫います


5:脇のバイアスを付ける箇所以外の周囲を、全て三つ折りにして、アイロンをかけ、ミシンで縫います。
 
脇にバイアス

脇にバイアスをマチ針で仮止めします。バイアスは折り返しを開いています


6:脇につけるバイアスを、マチ針で仮止めします。エプロンの表とバイアスの表側を、合わせます。エプロンの脇のカーブに沿って、バイアスをひっぱらないようにマチ針で止めていきます。画像のように、それぞれの布の端がそろうように合わせます。
 
しつけをかける

マチ針で仮止めが終われば、次はしつけをかけ、折線にそってミシンで縫います


7:脇のバイアスをしつけ縫いします。折線の箇所を、後でミシンで縫うので、その少し外側にしつけをかけ、マチ針をぬいておきます。しつけが終われば、折線に沿って、ミシンをかけます。
 
バイアスを裏側に折り返す

バイアスを裏側に折り返し、仮止めします

8:ミシンで縫った線に沿って、バイアスを裏側に折り返します。脇のカーブに合わせながら、バイアスを少しずつ引っ張り、マチ針で仮止めします。バイアスの折り返しは、折った状態です。仮止めが終われば、しつけをかけます。表から、バイアステープが見えないように折り返してください。
 
ミシンで縫う

バイアスの折り返してある箇所の上を、ミシンで縫います


9:しつけした箇所をミシンで縫います。
 
裏側からみたところ

裏側からみたところ


10:裏側はこんな感じに仕上がっています。バイアス箇所以外は三つ折り縫い、バイアス箇所は筒状に仕上がっています。
 
バイアスからテープを通す

バイアスからテープを通します。テープの端に安全ピンを止めてから通すと、通しやすいです


11:脇のバイアスから、テープを通します。テープの端を安全ピンなどで止め、片側の脇の端から、もう片側へと通していきます。
 
出来上がり

出来上がり。画像は真ん中にポケットをつけています


12:出来上がり。表側から見ると画像のような仕上がりです。ポケットをつける場合は、好みのサイズに布をカットし、周囲を三つ折りして、アイロンをかけておきます。まず入れ口をミシンで縫い、次にポケットをつけたい位置に仮止めし、周囲をミシンで縫います

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。