バイアステープは布目に対して斜めに裁った、伸縮性のある布

生地の耳は、たいていの場合、ちょっと布が固くなっていたり、色が違っていたりします。伸びにくい縦地に合わせて裁断して作ると、しっかりした仕上がりに

生地の耳は、たいていの場合、ちょっと布が固くなっていたり、色が違っていたりします

布には縦糸と横糸の織り目があり、これを「布目」といいます。布の両端(画像の緑の辺)は「耳」と呼び、耳に対して平行な方向が「縦地」です(画像青の矢印)。縦地は伸びにくく、横地は少し伸びます。

布目に対して斜め45度の方向を「バイアス」と呼び(画像赤線)、伸縮性があります。このバイアス方向に細長くカットした布が、バイアステープになります。通常の布と違い伸縮性があるので、カーブした箇所でもきれいに処理できるため、襟ぐりや袖ぐりなどの縫い代の始末、布端の縁取りなど色々な用途に利用されます。


バイアステープの作り方

市販のバイアステープは様々な種類の物がありますが、自分でも作ることができます。洋服を作る時など、共布(仕立てた衣類と同じ布地の切れ端)のバイアステープが必要になることもあるので、作り方を覚えておけば、いざという時に役立ちます。伸びやすいので、作っている最中は引っ張らないように扱います。

【手順】
正方形を対角線で折った角度が45度。分度器で計らなくても、布の角を折ってみても

正方形を対角線で折った角度が45度

1:使用する布はアイロンをかけ、布目を整えておきます。布目に対して斜め45度の線を描きます(画像黒線)。今回はわかりやすいように、濃く線を引いていますが、実際はチャコペンなど、後で目立たないように引いてください。




テープ幅は、必要に応じて調節してください。出来上がりに必要な幅に、折り返し部分の幅が必要になります

テープ幅は、必要に応じて調節してください

2:画像の赤線のように、手順1で描いた線に平行になるように、テープ幅を引いていきます。赤線にそって、布をカットします。このカットした布が、バイアステープになります。長さが足りない場合は、以下の手順で布をつないでいきます。




布の上下の端が、平行になるようにカットします

布の上下の端が、平行になるようにカットします

3:布端の、斜線の向きが違っている所を切りそろえます(画像では、赤線をカットします)。








布目方向が同じになるように布を置きます

布目方向が同じになるように布を置きます

4:布の上端から、5mm程の箇所に線を引きます。








初めて作る方は、細かく縫う前に、一度、試し縫いしてみて、布がずれてつながっていないか確かめてみても

初めて作る方は、細かく縫う前に、試し縫いしてみて、布がずれていないか確かめてみても

5:手順4で引いた線が重なるように、布を中表(内側に布の表側がくる)にあわせます。画像赤線の箇所をミシンで縫うか、または返し縫いします。







必要な長さになるまで、つないでいきます

必要な長さになるまで、つなぎます

6:縫い代をアイロンで割って、余分な縫い代をカットして出来上がり。






次のページでは、バイアステープの折り方を説明します。