クロヨンとかトーゴーサンピンとかいうけれど


給与所得控除の見直し案がでてから、再び、クロヨンとかトーゴーサンピンとかいう言葉が声高に持ち出されることになりました。

クロヨンとは所得の捕捉率(もしくは不公平感)が
・ サラリーマン9割
・ 個人事業主6割
・ 農家4割

ということを表し、トーゴーサンピンとは
・ サラリーマン10割
・ 個人事業主5割
・ 農家3割
・ 政治家1割

ということを表した呼び名です。

昭和49年、当時の田中角栄内閣はこうした不公平感を踏まえ、給与所得控除の拡大が計られました。
ですが、いまは情報化社会です。税務調査の現場においても相当、所得の捕捉率があがってきているというのが実感です。

次回は、収入がいい加減と思われている飲食店、特にラーメン屋の収入は税務調査の現場でどのように扱われるのかという題材で、この所得の捕捉率という問題を捉えてみたいと思います。

関連リンク
サラリーマンの経費、いくらが妥当?[All About 『暮らしの税金』]
会社員は大幅増税か[All About 『マネープラン入門』]

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。