「103万円の壁」、税金の計算方法とは

年末近くになると、「パート年収を103万円以下に抑えたい」という要望が多くなることは事実です。では、実際にパートの年収を102万円とした場合と104万円働いてしまった場合では、税額に差が出るのでしょうか?

<ケーススタディ1>
夫の年収600万円・妻のパート年収102万円の場合

まず、「パートの年収を103万円以下に抑えてほしい」という要望に応えた場合の試算です。
■図表1
妻の年収102万円の場合の計算例です

妻の年収102万円の場合の計算例です

給与所得426万円から所得控除額を差し引いた残り(この部分の金額を課税所得といます)に超過累進税率がかかりますから
  • 203万7000円×10%-9万7500円=10万6200円
が税額です。

一方、奥様の税額も、給与所得37万円から所得控除額43万円を差し引くと、課税所得がなくなってしまいますから、結果、納税額は発生しません。
したがって、年収103万円以下に抑えると、
  • 納税者の給与所得から配偶者控除38万円を適用できる
  • パート収入者に対しての税額も0円となる
というのは事実です。

>>次ページでは、パート年収104万円の場合の検算結果を発表!