金利や諸費用が優遇される女性向け住宅ローン

イラスト
お買い物も、住宅ローンも、お得はうれしいもの
「女性の場合には金利優遇幅が大きい」というのは、女性には大きな魅力ですね。金利優遇してくれる主な女性向け住宅ローンをご紹介しましょう。

●りそな銀行「凛 lin」
変動金利型と、固定期間10年までの固定金利選択型では、全期間1.2%優遇となっています。りそな銀行の一般の住宅ローンは全期間1.0%優遇なので、この女性向けローンの方が優遇幅が大きいことになります。また、保証料、繰上返済手数料ともに無料。ケガや病気で就業できなくなった場合に、住宅ローンの月々の返済をこのカバーしてくれる、ローン返済支援保険に、保険料無料で加入することができます。

フラット35を利用する場合には、金利は通常より0.1%優遇。手数料も安くなっています。

●フコク生命「女性向け住宅ローン」
10年、15年、20年固定で、フコク生命の通常の住宅ローンよりも、0.3%金利が低くなっています。10年固定では、当初10年間の金利は保証料込みで1.92%(平成22年10月金利)と、低い水準です。その他、一部繰上返済手数料は無料(ただし50万円以上の繰上返済)、事務手数料は10,500円(通常は31,500円)、固定金利特約締結時の事務手数料無料など、諸費用面での特典も見られます。ただし、利用できる地域が、首都圏に限定されています。

出産にやさしい女性向け住宅ローン

出産や育児休業している場合の収入減は、住宅ローン返済にあたっての心配事の一つですね。女性のライフスタイルをサポートしてくれるサービスが付帯されている、女性向け住宅ローンをご紹介します。

●中央三井信託銀行「エグゼリーナ」
金利面は、中央三井信託銀行の通常のローンと同じ金利優遇が受けられます。通常のローンでは必要になる繰上返済手数料が、エグゼリーナでは無料になるほか、当初10年間について、医療保険(入院給付金日額1,000円)に保険料負担なしで加入することができます。エグゼリーナの特徴的な点は、出産後、1年間については、借入利率を0.1%優遇してくれる制度があることです。育児休業などで、収入が下がる場合に、若干ではあるものの、返済額が少なくなるのはうれしいですね。また、総返済額も少なくなることから、子育てのサポートになるとも考えられます。

●地方銀行 「ロング・エスコート」
地方銀行で作られている地銀共同研究会の企画商品である女性向け住宅ローンです。横浜銀行、千葉銀行、常陽銀行など一部の地方銀行で借入れすることができます。通常の住宅ローンに、ヘルスケアや、宿泊施設の優待・割引特典が受けられるサービスが付いています。

また、出産・育児・介護休業時に最大1年間の元金据置が可能になる(借入れ期間中1回)機能を付帯している金融機関もあります。元金据置期間中は、利息の支払いは生じますが、大幅に支払額を抑えることができるので、育児休業中には大きな味方となるでしょう。ただし、返済期間の延長はできないので、元金据置期間終了後は、返済額は再計算され、当初よりも増える点には注意しましょう。

次のページでは、年収基準などのハードルが低くなっている女性向け住宅ローンをご紹介します。