当て逃げは自動車保険で補償される?

当て逃げにはさまざまなケースがあります。車両同士の接触事故で相手が逃げてしまう場合から、ちょっとぶつけられた、擦られたというような軽いものまで色々です。

日常、比較的軽度の当て逃げは結構あるものです。スーパーの駐車場、自宅前、コインパーキングから路上に至るまで、ちょっとクルマから離れて戻ってみたらぶつけられていた、といったケースです。

ひき逃げと同じように、逃げるということ自体が卑怯な行為なのは言うまでもありませんし、腹立たしいものです。反面、当て逃げの場合、目撃者や明確な証拠がないと加害者を見つけるのは難しいのが実状です。

今回はこうした当て逃げの物損被害と、自動車保険(車両保険)の補償のポイントについて解説します。

当て逃げの「加害者」になってしまったら

交通事故を起こしてしまったときは、運転者や同乗者は道路交通法上、適切な措置を取って、なおかつ警察へ事故について報告する義務があります。

当て逃げというのは、交通事故では「人身被害のない物損事故」のことを指し、上記のような本来すべき義務を怠ることをいいます。もちろん法令違反となりますし、罰則があります。なお、これが人身事故であればひき逃げということになります。

当て逃げの「被害者」になってしまったら

警察への被害届は出しておきましょう。当て逃げだと、加害者はもちろん目撃者を見つけるのは結構難しいものです。どんな交通事故でもそうですが、後から届け出を出すのは手間がかかりますから、できるときにやっておきましょう。

車同士でぶつかった交通事故で、目を離したすきに相手が逃げたという場合もあるので、最初に相手のクルマのナンバーを控えておく、免許証などを必ず見せてもらうことを忘れないようにしてください。

交通事故はいつどんな形で起こるか分かりません。車同士で接触するような事故は、経験のない人であればびっくりして冷静になれないケースが多いため、日頃からこうしたことを覚えておく必要があります。そして、実際に事故に遭遇した際にすぐに行動できるようにしておくことが大切です。エンジンを切っていれば仕方ありませんが、交通事故ではドライブレコーダーがあれば尚よしです。