「泥棒市」と呼ばれる蚤の市って?

photo by sawabon
ローマ名物?!蚤の市「ポルタポルテーゼ」
「蚤の市」と言えば、パリの蚤の市が有名ではありますが、実はローマにもあります。「蚤の市」と聞けば、18世紀や19世紀のアンティーク品がゴロゴロ並び、昔の貴族が使ってた銀食器や家具、貴重な掘り出し物の絵画など・・・そんなイメージが思い浮かびます。

が、ローマの蚤の市。どこかでは「泥棒市」なんて異名がついているらしいこの蚤の市では、「え?どっかで盗んできたのかい?!」と聞きたくなるような使い古しの靴が片方とか、ナゾの中国人が売るポケモン風のおもちゃとか、なにやら怪しい品々がところ狭しと並ぶ、いかにもローマらしい(?)楽しい(??)市場
ごった返す人々の中に紛れて、スリも活躍するこの蚤の市。
photo by sawabon
カワイイ!子供用の靴も一足15ユーロ。お土産にいいかも
そんな意味合いも込めて「泥棒市」と呼ばれているのかもしれません。

怪しい品々の他には、なぜかスーパーで買うより安いトイレットペーパーやシャンプーなどの新品日用品や「ドルチェ&ガッバーナと同じデザインのジーンズ、ただしタグはないよ」「プーマのTシャツだけど、この色はここだけ」などといった出所がはっきりしない安い新品衣料品などなど、ローマで暮らす人々が「安くお買い物するとき」にも御用達にしている市場でもあります。

ポルタポルテーゼは、こう楽しむ!

photo by sawabon
マニアが喜ぶLP版も並びます
旅行者の間では「泥棒市」と通称のこの蚤の市は、地元では「ポルタポルテーゼ」と呼ばれています。ローマ時代の城壁が残るローマには、いくつかの門がまだ残されていますが、そのうちのひとつ「ポルテーゼ門」界隈に広がる一帯にこの市が開かれるので、単純にその場所を指して、そう呼ばれているわけです。

毎週日曜日、早朝7時頃(多分)から午後1,2時頃まで、このポルタポルテーゼ界隈は人・人・人!車も通行規制され、辺り一面は歩行者天国となります。

エリアごとに「アンティーク」「日用品」「衣類」「怪しい電化製品」「家具」などと分かれていて、その広さは東京ドームの○倍!(←どこにも発表されてません・・スミマセン)
photo by sawabon
もしかしたら掘り出しものがあるかも?
もちろん、というか、「ここから日用品のエリアですよ~」などと親切に表示されているわけではなく、なんとなく似たようなものを売る屋台が集まっているだけですので案内地図などもありません。両脇にずら~りと並ぶ屋台をのぞきながら、ずんずん歩く・・歩く・・・歩く!そうすると、どこかで「あ、これいいかも」といった掘り出しモノに出会えるものです。
一時期と比べて、アンティーク家具のエリアが小さくなったとウワサされていますが、それでも「あら、こんなものがこんな値段で?!」な~んていう家具に出会うこともあります。アンティークと言っても、ミッドセンチュリー、60年代、70年代などの今見てもお洒落!な家具や電気が多いようです。ローマっ子の友人が、新しい家に引っ越した後、毎週日曜日にポルタポルテーゼを歩き、買い集めた60年代のアンティーク家具を修理して、
photo by sawabon
工夫次第でお洒落にアレンジできる家具も
お洒落な家にしていました。

そこまでの根気と時間はありませんが、見るだけでもなかなか楽しいことは請合いです。

ポルタポルテーゼにいざ行かん!

というわけで、お店もお休みになりがちの日曜日。そんな日にローマでのフリータイムがあったなら、「ポルタポルテーゼ」に行ってみるのがヨロシイかもしれません。

アクセス方法は、いろいろアリ。
photo by sawabon
シャンデリア用のパーツガラスも。良く見るとキレイ
●テルミニ駅よりバスH番・75番など、トラステヴェレ方面行きに乗りポルタポルテーゼ界隈で下車(賑わっているのでスグわかります)
●トレニイタリアFSのトラステヴェレ駅下車(降りた後は、賑わっている方向へ)
●トラム3番、8番で、ポルタポルテーゼ界隈で降りる


TABACCHI(タバコ家さん)で1ユーロ75分乗り放題のチケットを購入し、 上記のいずれかの方法でアクセスしてみてください。 ホテルで聞いてみるとベストな方法を教えてもらえるはずです。

そ・し・て。「泥棒市」と異名をとる蚤の市だけに、防犯はしっかりと。できればお財布を持たずに、スグに手が入れられないポケットにお金を入れて。カバンを持っていくときは、きっちりと口のしまるタイプで。歩きやすい靴は必携です。 さあ、準備ができたら、いざ行かん!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。