ローマ・フィウミチーノ空港からイタリアへ入国!
そして、日本へ帰国……

新しく広々としたフィウミチーノ空港ですが、何事もゆっくりなのは相変わらず

広々としたローマ・フィウミチーノ空港

イタリア玄関口のひとつ、首都ローマの国際空港「ローマ・フィウミチーノ空港(別名:レオナルド・ダ・ヴィンチ空港)」。ローマ市内から約30キロ郊外の海沿いの町フィウミチーノに位置します。

ローマ・フィウミチーノ空港公式HP

ターミナルは、T1、T2、T3、そしてT5(なぜか4はありません)の4つ。日本から、または日本行きの国際線で利用するのは、T3です。

ローマ空港ターミナルマップ(4ページ目)

日本ーイタリアを直行で結ぶ便があるため、イタリア出入国の際には利用することが多いローマ・フィウミチーノ空港。出入国の流れと空港内のショップなどをご紹介します。
 

【入国編】イタリア到着!まずは入国手続き

飛行機を降りたら、いよいよイタリア! 空港内に表示される指示もイタリア語と英語になります。表示されているイタリア語を覚えておくと安心です。日本からの直行便の場合、出口までは遠い道のり。途中、3分程度の無料モノレールに乗り、各手続きを行う空港ビルに進みます。
 

【入国編】ローマ・フィウミチーノ空港到着 - Arrivo

他都市へ乗り継ぎトランジットをしない場合は、Ritiro Bagagli(預け荷物受取)もしくはUscita(出口)の表示に従って進みます。

乗り継ぎの場合は、Transito(トランジト)へ。再度手荷物コントロールを経て、空港内へ再入場することができます。掲示板を見て、ゲートへ進みましょう。

 

【入国編】入国審査・パスポートコントロール
- Immigrazione・Controllo Passaporto

入国審査の窓口は、EU圏内の旅行者用と圏外の旅行者用に分かれています。NON EUの窓口に並び、パスポートを提示すればOK。特に、何かを聞かれることはほとんどありません。

【入国必要書類】
  • パスポート(旅券)
※滞在日数が90日以内の場合、VISTO(ビザ)は必要ありません。

スムーズに通れる場合もありますが、思いのほか混み合い時間がかかる場合もあります。係員もガムを噛んでいたり、パスポートを投げてよこしたり。日本のように何事も丁寧にテキパキとは進みません。まず最初に日本とは違う「イタリア」を感じさせてくれるところでもあります。

 

【入国編】預け荷物受取 - Ritiro Bagagli

のんびり待とう

のんびり待とう

入国審査を出たら、機内に預けた荷物受け取りコーナーへ。便名が表示されるターンテーブルで待ちましょう。

荷物が出てくるまで、遅ければ1時間近く待たされることもあります。飛行機到着直後に重要なアポイントを入れないことをオススメします。

カートは有料。ターンテーブルのそばに並んでいます。自動販売機スタイルで、1ユーロコインが必要になります。

 

【入国編】税関 - Dogana

出口Uscitaの手前にあるのが、税関。申告するものがなければ、ほぼスルーです。段ボールや明らかに荷物が多い場合には、「シニョーレ!」「シニョーラ!」(お嬢さん!)と呼び止められることがあります。

 

【入国編】空港到着ロビー - Area Arrivi

T2出口を出たところには、両替窓口などが並ぶ

T2出口を出たところには、両替窓口などが並ぶ

到着ロビーに出ると、両替やレンタカー会社、ローマまでのシャトルバスの案内カウンターが並んでいます。

ツアーや送迎車の予約をしている場合は、到着口で名前が書かれたプラカードを探しましょう。 

空港両替所はレートが高いので少額のみがオススメ。国際系クレジットカードやキャッシュカードがあれば、ATMでユーロ現金を直接引き出すことができで便利です。空港内にも、いくつかのATMが見つかります。

白タクの呼び込みの声が早速かかりますが、無視して移動や両替や待ち合わせや……一服……。各自の用事を済ませましょう!

【関連記事】
ローマの空港から市内へのアクセス・市内交通
 

【出国編】いよいよ日本へ帰国。出国手続きの流れ - Partenza

ローマ市内から到着する電車を降りると、ターミナル案内のボードも

ローマ市内から到着する電車を降りると、ターミナル案内のボードも

日本への出国は、ターミナル3(T3)から。まずは掲示板で、チェックインカウンターの番号を確認しましょう。通常、飛行機の出発約3時間前からチェックインが開始されます。

ローマ空港T3(出国エリア)マップ(4ページ目)

 

【出国編】チェックイン - Check IN

指示のあったチェックインカウンターで、パスポートを提示し、機内預けの荷物がある場合は計量します。重さに問題なければ、搭乗券が発券されます。便名、座席などを確認しましょう。

ただし! 免税手続きがある場合は、ちょっと待って!

機内預け荷物に免税品がある場合、ここで流してしまわないように。「クレームタグ(行き先などが書いてある札)」をつけてもらった後、一度引き取り、税関へ持っていく必要があります。

免税品を機内に持ち込む場合、または免税手続き品がない場合は、そのままセキュリティ・チェックへ進みます。
 

【出国編】税関・免税手続き - Dogana・Tax Free

免税品を税関へ提示します。機内預け荷物に免税品が入っている場合は、チェックイン済みのスーツケースごと税関へ。

購入時にお店で用意してもらったタックスフリーの書類、パスポート、搭乗券を係員に提示し、税関のスタンプを押してもらいましょう。スーツケースを開けて中を確認する場合もあります。

機内預けにする場合は、再びチェックインカウンターへ戻り、スーツケースを係員に渡して、流してもらいます。チェックインの行列がある場合でも、手の空いている係員に声をかければOKです。

払い戻し手続き:スタンプを押した後の書類を払い戻しカウンターへ。出国審査後のゾーンEにあります。払戻し金は、現金で受け取るのが一般的です。

 

【出国編】セキュリティチェック - Controlli di Sicurezza

上記の手続きが済んだら、セキュリティチェックへ。時間帯によっては大変混んでいる場合も多く、また進み方もゆっくりなので、できるだけ早めに並ぶのが無難です。

パソコンはカバンから出して、上着、ベルト、サングラス、大きめのアクセサリーなどは身体から外しておきます。ブーツやヒールのある靴もチェックが必要です。ブルーの”使い捨て足カバー”に履き替えましょう。

 

【出国編】出国審査・パスポートコントロール
- Immigrazione・Controllo Passaporto

セキュリティチェックが済んだら、左手方向へ。出国審査でも、EU圏外の旅行者の窓口に並びます。

【出国必要書類】
  • パスポート
  • 搭乗券
出国スタンプを押してもらって完了です。

さあ、搭乗時間までフリータイム。バールでひと休みしたり、最後のお買い物をしたり。おっと、その前にゲートのチェックも忘れずに! 日本行きは、だいたい搭乗ゲート E31番~44番になります。モノレールでの移動(約3分)が必要になるので、時間配分に注意して残りの時間を楽しみましょう!
 

ターミナル3のショップ

お土産におススメの「ジェンティリーニ」

イタリア最後のショッピング!

出国審査手続きを行ったメインの空港ビル内ゾーンEのショッピングゾーンは、とても充実!イタリアの有名ブランドが出店しています。

ゾーンEのショップリスト(16ページ目)

日本行きの搭乗ゲートEゾーンにも、Dutyfreeショップがあります。

ゾーンE31~44番のマップとショップ

【関連記事】
ミラノの空港から市内へのアクセス
ローマの空港から市内へのアクセス・市内交通
ミラノの市内交通 地下鉄・バス・トラム・タクシー
イタリアのおすすめ土産!食材からサッカーグッズまで12選
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。